10代限定の音楽の甲子園「閃光ライオット」がアツい!応援アンバサダーたちが意気込みを語る

画像左から小森隼さん(GENERATIONS)、水曜日のカンパネラ・詩羽さん、豊嶋花さん、アイナ・ジ・エンドさん、教頭をCRAZY COCOさん

“全国の蒼き若者たちの未来の鍵(LOCK)を握るもうひとつの学校!”

このコンセプトのもと、TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで現在放送中のラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」。校長を小森隼さん(GENERATIONS)、教頭をCRAZY COCOさんが務め、また、レギュラー講師陣には人気アーティストやタレントが多数登場しています。そんな「SCHOOL OF LOCK!」最大の学校行事として展開されているのが、『マイナビ 閃光ライオット2024 produced by SCHOOL OF LOCK!(以下、閃光ライオット)』という10代限定の音楽の甲子園。過去には、ねごと、緑黄色社会、ぼくのりりっくのぼうよみも出場しており、音楽を志す若者たちの登竜門的存在ともいえるでしょう。

この夏フェスを盛り上げるべく、応援アンバサダーに就任した豊嶋花さん、ライブアクトを務める水曜日のカンパネラ・詩羽さん、そして特別審査員を行うアイナ・ジ・エンドさんがそれぞれ意気込みを語りました。

豊嶋花、10代の仲間に送るエールの言葉とは?

まずは、応援アンバサダーの豊嶋さんが笑顔で登場。現役高校生であり、趣味でギターを毎日弾いているということで、閃光ライオットとの親和性の高さが窺えます。豊嶋さんが写っている本イベントのポスターも初披露されました。

豊嶋さんが写っている閃光ライオットのポスターも初披露

ポスター撮影はライブハウスで実施されたそう。「いつもライブハウスでは観客としてスタンディング側にいるので、裏に入れてすごく興奮しました!」と豊嶋さん。

「好きなアーティストに閃光ライオット出身の方々もいらっしゃるので、10代の皆さんのことを応援できるアンバサダーに選んでいただいて、身に余る光栄です。夢を目指して頑張っている皆さんを応援できることすごく嬉しく思うので、この応援を受け取って頂けたら嬉しいなと思います」と語る姿が印象的でした。

『SCHOOL OF LOCK!』番組内で約20年使われ続ける歴史ある「黒板」に、豊嶋さんがエールを書き込む場面も。

『SCHOOL OF LOCK!』番組内で約20年使われ続ける歴史ある「黒板」に、豊嶋さんがエールを書き込む場面も。10代の仲間たちへのエールの言葉に注目が集まった。

「最初に決めた志を最後まで貫き通す。全力を出し切ってやったことは、成功失敗に関わらず、大事な思い出になると思う。途中で心が折れそうになっても、この言葉を忘れず、アンバサダーの私の応援と一緒に、頑張ってほしいとおもっています!」(豊嶋さん)

豪華アーティストたちも登場

閃光ライオットのファイナルステージでライブアクトを行うのは、水曜日のカンパネラ・詩羽さん。

「恥ずかしながらこのイベントの存在はもともと知らなかったのですが、今回、10代を応援できるこの素敵なイベントのことを知ることができて、参加できることになって嬉しく思っています」とコメント。

閃光ライオットのファイナルステージでライブアクトを行う水曜日のカンパネラ・詩羽さん

「キラキラした10代の皆さんと同じ日にライブができることが嬉しいですし、みなさんが輝けるよう、私もいいステージができればと思っています!失敗することも間違えることもあるけど、それが生きていく糧になっていると思う。失敗しても今後につながるし、うまく生かせば成功になると思っているので、度胸でステージに立ってほしい!」と意気込みやエールを話しました。

アイナ・ジ・エンドさんは、本イベントで特別審査員を務める

最後に登場したアイナ・ジ・エンドさんは、本イベントで特別審査員を務めることが初解禁。

「生徒のみんなは10代特有のパワーがある。それを生で観るのが純粋に楽しみです。みんなに負けないように、私もその日まで一生懸命生きるから、みんなも一生懸命生きてほしい」と意気込みを熱く話します。

緊張をほぐすためのコツも伝授

緊張をほぐすためのコツを聞かれた場面では「“数時間後には布団に入って寝てるんだから、この1時間くらい頑張れ!自分”という感じで、言い聞かせながら本番に臨んでいます」と教えてくれた。

また、自身の10代のころを振り返りながら、「オーディションをたくさん受けてきたんですけど、本番になるとぶちかましてやる!!!と思ってしまって、練習と違うことをしちゃってたんです。だけど、だいたいうまくいかないんですよね(笑)。だから、コツコツやってきた自分を信じてありのままを表現する。そこでたまたま生まれたパフォーマンスが伝説になると思います。もし10代に戻れるならありのままの自分でもう一度オーディションを受けたいです」と明かしました。

水曜日のカンパネラ・詩羽、学生時代の思い出や挑戦したいこととは?

豊嶋さんをはじめ、閃光ライオットへの想いをそれぞれ伺ったところで、10代アーティストとともに会場を盛り上げる水曜日のカンパネラ・詩羽さんを突撃インタビューしました。ファイナルステージが開催される8月7日にちなんで、この夏やりたいことなど色々と迫っていきます!

水曜日のカンパネラ・詩羽、学生時代の思い出や挑戦したいこととは?

──まず改めてライブアクトが決まった時の率直な気持ちを教えてください。

詩羽さん(以下、詩羽) 自分も学生のころに軽音部に所属していてバンド活動を行っていたので、10代の方々が活躍できる場があるということを嬉しく思いました。皆さんの新しい可能性を広げるようなイベントに、自分も参加できることが楽しみです。

──軽音部でのエピソードなどはあったりしますか?

詩羽 私はギターとボーカルをやってました。もう一人ギター担当の子がいたんですけど、私も含め、どちらもあまり上手ではなかったと思いますね……(笑)。あの頃は勢いだけでライブをやってました。でもバンド仲はすっごくよかったのを覚えています。

──素敵ですね。

詩羽 バンドメンバーといっしょに毎年ディズニーに行ったり、スタジオに入るとき駄弁(だべ)ったり……そういう何気ない時間がかけがえのないものだったなと感じますね。

──学生時代に熱中していたことはありますか?

詩羽 アイスです。高1からずっとアイスクリーム屋さんでアルバイトをしていたくらい大好きで……(笑)。

──毎日食べていたんですか?

詩羽 ほぼ毎日食べてました。今でも誰にも止められなかったら、5個くらい全然食べちゃうと思います。一人暮らしだと朝ご飯がアイスとかも普通にあり得ますね。

──すごいですね(笑)。ちなみにコーン派・カップ派などアイスへのこだわりはありますか?

詩羽 どの種類も大好きだから、特にないかな〜。コンビニとかでも期間限定のものが出たらどれも欠かさずチェックしています!ただ、こだわりというか、今までは高いアイスクリームをあまり食べてこなかったんですよね。質より量を重視してて(笑)。最近になってようやく高いアイスクリームの良さにも気づきました。小さいように見えて、ちゃんとしっかり満足感があるんだ!!って(笑)。

──閃光ライオットのファイナルステージ開催は夏ですが、それにちなんでこの夏やりたいことを教えてください。

詩羽 花火がやりたいです。去年出演させていただいたドラマで、みんなで花火をするシーンもあったんですけど、私は参加しない役で……。みんながやっているところを目の前で見てて、本当に悲しくて切なくなっちゃったので、今年こそはと思っています!

──また、10代のアーティストにとってこのイベントは大きな挑戦になると思います。詩羽さんも挑戦したいことはありますか?

詩羽 去年の秋ごろにアジアツアーをやらせていただいたりと、海外でライブをすることもあるので、言ったことある国の語学を身に着けたいです。少しでも喋れたらみんなともっとコミュニケーションが取れるようになるのにな……と自分でもよく思っていて。今年も海外でのライブがあるので、頑張りたいです。

──最後に詩羽さんにとって表現すること(音楽)とは何ですか?

詩羽 いま色々な仕事をやらせていただいている中で、結局ライブが一番楽しいなっていう想いがあります。お客さんと直接会って、たくさんの愛を私があげて、そしてお客さんからもたくさんの愛をもらって……っていう
流れを最も強く感じるのが、私にとってライブなんです。3月に武道館でライブをしました。その時にたくさんの人に生かされていて、私も誰かを生かせる人間であれたらいいなと思うようになって……。改めて音楽は大きな愛を伝えるものだと感じています。

3rd EP「POP DELIVERY」

3rd EP「POP DELIVERY」リリース情報
●CD予約リンク:https://wed-camp.lnk.to/PopDelivery
●配信リンク:https://wed-camp.lnk.to/PopDelivery_dg
●リリース日:6月5日(水)
●品番:WPCL-13558
●価格:2,500円(税込)
●収録内容:
M1.赤猫(TBS系TVアニメ「ラーメン赤猫」主題歌)
M2.キャロライナ
M3.たまものまえ(Amazon Originalドラマ「僕の愛しい妖怪ガールフレンド」主題歌)
M4. 聖徳太子(2023秋冬JBL「音楽、最高!」キャンペーンソング)
M5.アルキメデス
M6.マーメイド(2023コカ・コーラCoke STUDIOサマー・キャンペーンソング)
M7.幽霊と作家(フジテレビ系水10ドラマ「婚活1000本ノック」主題歌)
M8.四天王(ハラカドオープニングムービータイアップソング)

(了)

審査を勝ち抜いた10代アーティストが登場するファイナルステージは入場無料!誰でも観に来ることができるので、ぜひ現地でファイナリストたちのパフォーマンスや、詩羽さんのライブアクトを見届けてみてはいかがでしょうか。

マイナビ 閃光ライオット2024 produced by SCHOOL OF LOCK! 開催スケジュール
①音源審査:2024年2月12日(月)〜4月7日(日) ※応募総数3078組
②全国スタジオ審査:4月27日(土)〜5月19日(日) ※212組が進出
北海道から沖縄まで全国9箇所、13日間に渡って実施 
③3次ライブ審査(有観客/無料):6月16日(日)・6月22日(土)・6月23日(日) ※38組が進出
大阪会場(大阪Music Club JANUS) 6月16日(日)ゲストライブ:ammo 
東京会場(duo MUSIC EXCHANGE) 6月22日(土)ゲストライブ:ねぐせ。/23日(日):マルシィ
④ファイナルライブ審査「マイナビ 閃光ライオット2024 produced by SCHOOL OF LOCK!」(有観客/無料):8月7日(水)正午開演予定 ※?組が進出(未定)
@Zepp DiverCity (TOKYO) 
応援アンバサダー:豊嶋花
ゲストライブ:水曜日のカンパネラ
特別審査員:アイナ・ジ・エンド、ASIAN KUNG-FU GENERATION 山田貴洋、Galileo Galilei 尾崎雄貴・岩井郁人、グランジ 遠山大輔(『SCHOOL OF LOCK!』元校長)、CHICO CARLITO(五十音順)
特別協賛:マイナビ/協賛:ドクターマーチン、JASRAC、日本工学院

画像提供:『マイナビ 閃光ライオット2024 produced by SCHOOL OF LOCK!』