Eminata

昨年FUJI ROCK FESTIVALʼ23「ROOKIE A GO-GO」の舞台に立つなど活躍の場を広げている、シンガーソングライター・Eminata(エミナタ)。先日1stアルバム『Red』をリリースし、6月22日にはリリースパーティー『”Red” Eminata One Man Show』が控えるなど、波に乗る彼女の音楽やファッション観に迫る。

最初に浮かんだアイデアこそユニーク

Eminata

――今はフランスと日本を行き来して活動されている?

Eminata 今は日本をベースにしています。夏が終わるまでは、こちらでリリースパーティーやフェスなどに集中したいなと。フランスは家族の関係で行く場所なんです。日本よりコネクションがない分、一人で制作にフォーカスできるんですよ。

――アルバム『Red』もリリースから1カ月ほど経ちます。今の心境はいかがですか。

Eminata ベイビーを生んだ感じですね。ラジオでかけてもらったり、ライブでも多くの人が口ずさんでくれたりしてくれて嬉しいです。自分の感情をストーリー仕立てでパッケージするのは、タイムカプセルみたい。誇りに思える一作です。

制作中は人にシェアしたい気持ちと、自分をさらけ出す不安がありましたが、最終的に出てくるメロディとともに上手く形にできました。痛みがないとクリエイティブになれない人間なんですよ(笑)。それに好きなことよりも、悲しみや苛立ちのほうが人って共感しやすいですから。

――まさにブルースですね。とはいえ、曲調は暗いものだけでなく幅広いなと感じました。

Eminata プロデューサーによってセクシーだったり、グルーヴィだったりと曲調は多様です。やっぱりビートが好きじゃないと感情が入らないし、トップライン(歌詞&メロディ)も思い浮かばないので。

その中でも「Goooood」が予想以上に聴かれているのはびっくりです。ライブでも反応がよかったのですが、ラップっぽい感じの部分がいい感じの波に乗れました。波と言えば1曲目「Waves」もギタリスト・磯貝一樹君がディレクションしてくれて、さらにいい曲になったと感じます。

あと個人的には「Nala’s Song」と「Slowly」が気に入ってますね。過去に作ったものも含め、曲を作っていたら自然と「赤」というテーマが浮かんできて。それがタイトルになりました。最初は「Colors」という候補もあったのですが安直すぎるなと(笑)。

――赤ちゃん(=ベイビー)の「赤」という考えもありますよね。

Eminata 確かに。そういう考え方でも大丈夫です。

――ちなみにギターで作曲する時とビートにトップラインを載せて作曲する時、それぞれ考え方は違いますか。

Eminata ギターで曲を作る時は心にあるワードがあったり、楽器の音から触発されたり、何かしら感情的になっている瞬間。だから「曲を作ろう!」という感じでもないですね。やっぱり考えこむよりも、最初に浮かんだアイデアこそユニークなんじゃないかなとも思います。

Eminata

日本人は頭からまつ毛まで隙がない

――制作は以前からビジュアルも含めて提案されるそうですが、それは今も変わりませんか?

Eminata どこまで自分のイメージを実現できるか、プロダクションと話し合う作業は変わらずやります。作りながら「MVはこれだ」と映像が浮かんでくる曲もあるんですよ。ただ基本的には「このビジュアルには、この音」という概念をひっくり返すものがカッコいいと感じます。洋楽っぽいグルーヴィな音楽に、着物で出てくるみたいな意外性。

音を聴かなくても印象に残ることは大切です。だから『Red』のアートワークも真っ白に浮いている顔にしたり、ひとつ前のアーティスト写真も背景のオレンジが印象的なものにしたりしました。フジロックの時も「写真で選びました」と観に来てくれた方がいて嬉しかったですね。

カルチャーや誰かの作品を侮辱(ぶじょく)したり、失礼がないのであれば、みんなが予測しないことをしたほうがいいと思うんですよ。そのほうがクリエイティビティが強くなるし、会話になるものってキャッチーなものですから。まず話題になって、ディスカッションして、もう一度自分でも考える。だから印象は大切なんです。

――ファッションについても何かこだわりはありますか。

Eminata 「ファストファッションは買わない」かな。ほぼ古着しか買わないですね。服は世の中に有り余っているし、ファストビジネスには貢献したくない。それに音楽と同じように古いほうが味があるんじゃないかなと。潔癖の人には難しいですが、ご縁が前のオーナーから次の人に移るという流れも好きです。

友達からもらったりすることも多いので、自分はファッションの人とはいえないかもしれない。あとはプロダクションから「もっとラフで共感できる服がいい」と言われるので(笑)、ラフな時とパリっぽさを出す時の2パターンがあるかも。

――フランスと日本のファッションについて感じることは?

Eminata パリと東京のファッションで共通する部分のひとつは「きれいにするのが当然」という価値観。例えばTシャツとデニムのシンプルなコーデでも「形がいいものを着る」みたいな。適当な服を着ていたらジャッジされるし、それが都市の性格として日課に組み込まれている感じ。

他の違いでいうと、フランス人は傘を差しません。日本はザーッと降るから差さざるを得ませんが、向こうの人は汚れても気にしない。あとは服がちゃんとしていても、髪の毛はラフにお団子やピンで留めたりする感じが好きですね。日本人は頭からつま先、まつ毛までかっちりで隙がないイメージです。

――服に開眼した時はいつですか。

Eminata オーストラリアにいた15〜16歳の時かな。日本とは違って、可愛いとはいえない個性的な恰好とか、無頓着なTシャツに短パンとか、アワーグラスドレスとか、人によってパキッと分かれています。「よくそんな服着てくるね!」という感じの人もいます。

というか、私自身がルームメイトによく言われていました(笑)。当時は過激な服が好きだったんです。シンプルなものを買い始めたのは大人になってから。

――参考にしていたファッション誌などはありますか。

Eminata 当時も今も雑誌は本当に読んでいないんですよ。映画やミュージックビデオから影響を受けることが多かったです。映画だと『クルーレス』(1995年)で、MVだと真似してはいませんでしたが、ブリトニー・スピアーズや金髪にした時のアヴリル・ラヴィーンも可愛かった。友達の服装を真似することも多かったですね。

Eminata

知識がある人は素敵

――ではEminataさんにとって、おしゃれな人とは?

Eminata 70〜80歳くらいになっても通販で済まさず、3ピースを着るおじいちゃん。昔の服って肩パッドが入っていたり質が良かったじゃないですか。そういう服を着こなす、おばあちゃんとかもいいですよね。まれにいるんですよ。

あとは年配の方の知らない人と会話するスタンスも好き。映画撮影の仕事もしているのですが、現場が赤羽などの下町なことが多くて、周辺の年配の方が営む店でサポートがてら買い物をするんですね。

そこで壁に猫の写真があったら「猫飼っているんですか?」とか、些細なことで5分10分の会話が生まれる。このコミュニケーションが大切だなと。日本だと家と違う「着飾った自分」になるじゃないですか。あれが苦手なんですよね(笑)。おじいちゃん、おばあちゃんにはそれがない。

――なるほど。

Eminata あとはアジア人が伝統衣装を着るのもカッコいい。私も母と着付け教室に教室に通っていて、夏はディナーとかに浴衣を着て行くように意識しています。まだまだ着る練習する必要がありますけど(笑)。やっぱり気持ちが上がりますね。

原宿で見かける先端のファッションもデコンストラクションされてたり、レイヤーな感じがカッコいいとは思うんです。でもタイトな服よりも快適さを求めてしまうので、自分には合わないな……と。

――「smart Web」読者におすすめのファッションは?

Eminata ぜひブカブカなものを着てほしいです(笑)。あとはシャツもいいと思いますし、浴衣を着こなしているのもカッコいいと思います。あと夏は下駄とか草履はおすすめです。私もデニムに合わせていますよ。買うなら絶対に赤羽で。

それから服以外だと、知識がある人は素敵だなと思いますね。自分の得意なカテゴリについて教えてくれたり、ディスカッションできる人には惹かれますね。

――そして、いよいよワンマンライブ「”Red” Eminata One Man Show」が迫ってきましたね。

Eminata ピアノ、ベース、シンセ、ドラム、サックスのフルバンドなので楽しみにしていてください。セットリストをイメージしながら、どうセクション分けして見せようかと日々考えています。映画みたいに表現できたらいいなと。

あとは衣装も迷うところ……。とはいえ自分の頭にある世界観をどこまで形にできるかよりも、最終的には自分のアルバムに失礼のないようにパフォーマンスするのが大事。あとは来てくれる人は、アルバムと同じ赤い服を着て来てほしいですね。忘れたら、赤羽で買ってきてください(笑)。

(了)

Profile/Eminata(エミナタ)
神奈川県逗子出身のソウルポップアーティスト。2021年、slugger PRODUCTION加入後に自身初となるEP「ame」をリリース。2023年からフランスに拠点を移し、FUJI ROCK FESTIVALʼ23の「ROOKIE A GO-GO」に出演。日本語と英語に囚われないシームレスな言葉選びと美しい歌の世界観は周りの人々を幸せにする。

『”Red” Eminata One Man Show』
2024年6月22日(土)
OPEN 17:30 / START 18:00
場所:TOKIO TOKYO

Photography_MITSURU NISHIMURA