現地時間11月28日に行なわれたプレミアリーグ第13節で、マンチェスター・ユナイテッドはチェルシーと敵地で対戦。驚きのベンチスタートとなったエースのクリスチアーノ・ロナウドは1点リードの64分から出場したが、その後に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。

 C・ロナウドは試合終了のホイッスルが鳴った後、足早にロッカールームに引き上げる姿が目撃されており、現地紙『Daily Mail』は「起用に大いに不満があったことを物語っている」と伝えている。

 そんななか、世界的スター選手の扱いについてプレミアリーグのOBが大論争を繰り広げた。現地スポーツチャンネル『Sky Sports』に解説者として出演していたユナイテッドOBのロイ・キーンと、リバプールOBのジェイミー・キャラガーだ。
【動画】キーンVSキャラガーの4分以上に及ぶ大舌戦! 見守っていたネビルの表情は… 

 キーンはまずC・ロナウドのベンチスタートに異議を唱え、「彼はベンチから出る選手ではない。ベンチに座るために戻って来たわけじゃないんだ。なぜマイケル・キャリック(暫定監督)が彼とハイタッチをしようとしたのか理解できない。トンネルに素直に行かせてやれ。彼はワールドクラスの選手だ。それなら、周囲が対処しなければならないこともある」と熱弁した。

 だが、キャラガーは「ロナウドがすべての試合で先発し、すべての試合で1分1秒でもプレーしなければならないという考えは正しいとは思わない。彼は36歳だ。以前のような選手ではない。いちいち先発じゃない、出場しなかったと、大きな話題にすべきではない」と発言。あくまでチームの一員として扱うべきだと主張した。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 しかしキーンは「毎試合そうでなくてもいいが、この試合はチェルシーが相手だ。ユナイテッドにとってはビッグゲームだ。彼はクラブを盛り上げるために戻って来たのだから、当然、こういう試合に出たいと思っていたはずだ」と反論した。

 だが、キャラガーが「それはどの選手にも言えることだろう?」と指摘すると、ふたりの議論はヒートアップ。キーンは「どの選手もワールドクラスというわけではないだろう」と、C・ロナウドの扱いについて持論を展開した。

「彼はこれまでに800試合に出場するというキャリアの持ち主だ。そんなことは誰もができることではない。今日の試合でユナイテッドが劣勢だとしても、もし誰かにボールが渡るかもしれないという期待を向けるのは、36歳であってもやはりロナウドなんだ。

 彼はゴールしていないわけではなく、真摯に取り組んでいる。それなのにプレッシングしないと責任を負わされている。彼は5〜6年はプレスをしていないよ。彼がユナイテッドの問題を解決するわけでも、すべての試合に先発すべきというわけでもないが、今回のアウェー戦では、出場していれば、カウンターでボックス内に1、2回にボールを入れられるチャンスがあったかもしれない。ベンチに座らせることはない」

 これを聞いたキャラガーは「あくまでゴールを決めるという点についての話だ」と起用の必然性を否定した。

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介! 
「私が言いたいのは、ユナイテッドの監督はロナウドをベンチに置くことを許されないのかということだよ。チームはこのスタンフォード・ブリッジに来て、ロナウドではない選手がゴールを決めたことは事実だ。

 確かに彼はゴールという点では超人的だろう。だが、私は代表ウィーク中にも指摘した。パリ・サンジェルマンはリオネル・メッシと契約した。ユナイテッドはC・ロナウドと契約した。ユナイテッドはタイトルに近づいたか? パリSGはチャンピオンズ・リーグ(CL)優勝に近づいたか? 答えはノーだ。彼は36歳だぞ? 契約する意味はあったのか?」

 するとキーンは「FAカップとチャンピオンズ・リーグのためだ。クラブには価値があることだ。グレイザーと株価のために彼は戻って来たんだ。私だって2〜3年でリーグタイトルを取り戻せるとは思わない。現状、ユナイテッドはそういうチームだ」と言いつのった。

 それを聞いた元イングランド代表DFは「今の目的はカップ戦? それで満足? リーグタイトルは取れないというのなら、本当に何のために取ったんだ」とあきれた様子で続けた。

【動画】キーンVSキャラガーの4分以上に及ぶ大舌戦! 見守っていたネビルの表情は… 
「本当にシティに渡るのを阻止するためだけか。なら尚更、メイソン・グリーンウッドやジェイドン・サンチョを先発させることから始めよう。普通は36、37歳の選手と契約するのは優勝するためだ。そうでないなら、契約した意味はない」

 この議論は4分以上続き、大きな反響を呼んでいる。ちなみに、この様子を自宅で見守っていたユナイテッドOBのガリー・ネビルはこの一部始終を自身のTwitterにアップし、泣き笑いする絵文字を添えて投稿した。

 現地報道によれば、ユナイテッドはドイツ人のラルフ・ラングニック氏の就任およびコンサルタント契約が近づいているとされ、今回の先発外しも同氏の指示だったとの報道もある。今後も、C・ロナウドの起用を巡る議論は続きそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】プレミアの21-22シーズン、新ユニホームキットを総ざらい! 南野拓実が着用するリバプールユニに注目!