J1リーグは12月4日、最終節が行なわれたが、今シーズン限りでトップリーグ担当審判員から勇退することを発表していた村上伸次審判員と家本政明審判員が、それぞれ最後の試合を担当した。

【動画】槙野からの感謝のメッセージにイエローカードも
 村上審判員は、名古屋グランパス対浦和レッズの主審を務め、0対0で終わった試合の後には、両チームが花道をつくって労い、槙野智章はメッセージTシャツを着込んで感謝を示した。そして、最後には胴上げで村上審判員を送り出している。

 一方の家本審判員は、横浜F・マリノス対川崎フロンターレ戦で主審を務め、こちらは得点王を争うレアンドロ・ダミアンと前田大然が互いに1点ずつを取り合う白熱の展開の中、安定したレフェリングを見せて熱戦を演出。試合後には、やはり両チームの選手たちが労いの花道をつくり、両キャプテンから記念のユニホームが手渡された。

 試合後、村上審判員は、自身のツイッターを更新。同日に勇退することになる家本審判員に向けて「いえぽん!おつかれさまでした!マリノス対フロンターレはいえぽんらしいレフリングだったと思います。辛いことが沢山あったけど試合終了の笛を違うスタジアムで一緒に吹くことができ感無量です」とメッセージを綴り、長きにわたる審判員生活に想いを馳せた。

 すると、家本審判員もこのメッセージに呼応するかのように、自身のツイッターを更新。「のぶさん… どうあげされたそうですね。僕も今日、日産スタジアムで皆さんからたくさんの愛をいただきました。本当に感謝しかありません。ノブさんは、皆に愛された審判でしたね。
ノブさん最高です!
Jリーグ最高です!」
 こうメッセージを綴り、長年の審判員生活をともに歩んできた村上審判員の労を労いつつ、Jリーグやサッカーファンへ感謝を示した。

 この二人のやりとりに、ファン・フォロワーも反応。「審判の方の引退を間近で観て涙したのは初めての経験でした」「ナイス・ファイナルジャッジでした」「いえぽんさんのことも大好きですよ寂しいです」「槙野選手とのやり取りは面白かったです」「村上様 素晴らしい最後の試合ありがとうございました」などとコメントが寄せられ、二人合わせて6000を超える「いいね」がついた。

 国内を代表するトップレフェリーの引退は、サッカー界に大きな反響を巻き起こしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】横浜、川崎の選手たちによる家本主審の感動的なセレモニー

【PHOTO】「いえぽんありがとう!」J通算516試合を裁いた家本政明審判員!