日本サッカー協会は1月22日、カタール・ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選に臨む日本代表メンバー23名を発表した。

 森保ジャパンは今年11月に行なわれる本大会への出場権を懸け、1月27日に中国代表、2月1日にサウジアラビア代表と対戦する。現在日本は4勝2敗の勝点12で、同16のサウジアラビアに次いでグループBの2位。3位のオーストラリアとはわずか1ポイント差となっており、自動出場圏内の2位以上を死守するために、是が非でも勝点6を手にしたいところだ。

 大切な連戦に臨むメンバーには、セルティックでのデビュー戦で早速初ゴールを奪った前田大然や、アーセナルで活躍する冨安健洋、先日には直接FKを叩き込んだマジョルカの久保建英らが選出。一方で、負傷中の吉田麻也、古橋亨梧、三笘薫ほか、国内組限定の事前合宿でアピールを続けていた武藤嘉紀、江坂任、上田綺世らは選外となった。

 このメンバー発表には、ファンから次のようなコメントが集まっている。

「結局いつメンやん」
「脇坂と江坂と上田はあれだけTMでアピールしても結局は海外組なのか」
「ハットトリックして選ばれないって綺世は何点取れば選んでくれるのかな」
「なんで合宿したんや…」
「なんかもっと新しい選手が見たい」
「鎌田、奥川いない…」
「奥川はなんで選ばれないの?クラブ側が拒否したの?」
「谷口!!山根!!」
「怪我明けの冨安呼ばれるのきつい」
「久保はコパの為にマジョルカ残してあげたかった」
「個人的に中島翔哉見たかったぜ」
「コンディションやここ最近の試合実績をもとに選考されたと信じていいよね?」
【PHOTO】中止となったウズベキスタン戦に向けて招集されていた日本代表メンバーは?
 中国戦、サウジアラビア戦に臨む日本代表メンバーは以下の通り。

【PHOTO】W杯アジア最終予選の中国&サウジアラビア戦に臨む日本代表招集メンバー23名!
GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(清水エスパルス)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
長友佑都(FC東京)
酒井宏樹(浦和レッズ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
山根視来(川崎フロンターレ)
植田直通(ニーム・オリンピック/フランス)
板倉 滉(シャルケ/ドイツ)
中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)
冨安健洋(アーセナル/イングランド)

MF/FW
大迫勇也(ヴィッセル神戸)
原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
柴崎 岳(レガネス/スペイン)
遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
南野拓実(リバプール/イングランド)
守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
前田大然(セルティック/スコットランド)
堂安 律(PSV/オランダ)
田中 碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!