先日、南葛SC入りが発表された元日本代表MFの稲本潤一が、DAZNで配信中の「やべっちスタジアム」にゲスト出演。1月27日に埼玉スタジアム2002で開催されるカタール・ワールドカップ・アジア最終予選の中国戦に向け、推奨する日本代表のスタメンについて語った。

 フォーメーションは4‐3‐3を選択。GKは「安定感がある」と正守護神の権田修一(清水)をチョイス。故障により吉田麻也(サンプドリア)と冨安健洋(アーセナル)が不在のCBは、右に谷口彰悟(川崎)、左に板倉滉(シャルケ)をセレクトした。

「完全なる主力がふたり抜けているということで、谷口選手と板倉選手はフロンターレで一緒にやってるんで、コンビネーションはそこまで問題ないのかな」

 SBは右に「安定感のある」酒井宏樹(浦和)、左はこれまでレギュラーの長友佑都(FC東京)ではなく、「期待も込めて」中山雄太(ズウォーレ)をチョイスした。

 中盤3枚は、アンカーに遠藤航(シュツットガルト)、右インサイドハーフに柴崎岳(レガネス)、左インサイドハーフに田中碧(デュッセルドルフ)。守田英正(サンタ・クララ)よりも柴崎を選んだ理由は、「多少攻撃的にいってほしいので」と語っている。

【PHOTO】W杯アジア最終予選中国、サウジアラビア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 3トップは、「収められる」大迫勇也(神戸)を中央に、右に伊東純也(ヘンク)、左に南野拓実(リバプール)を配している。

 注目選手には、自身と同じポジションの遠藤を選出。「僕もドイツでやってましたけど、1対1の強さ、(今季の)デュエル勝利数が2位というのは凄いこと。結果も出しているし注目したい。チームではキャプテンもやっているし、貴重な経験を代表に還元してほしい」と期待を込めた。

 現在4勝2敗の勝点12でグループBの2位につける日本。ホームで中国をしっかり叩き、2月1日に行なわれる首位のサウジアラビア戦に弾みをつけられるか。森保一監督の采配にも注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち