日本代表がホームで中国代表に勝利したニュースは韓国でも報じられている。

 埼玉スタジアムで行なわれたカタール・ワールドカップのアジア最終予選。日本は前半にFW大迫勇也のPKで先制すると、後半にMF伊東純也のヘディングシュートで追加点を挙げ、2-0の勝利を収めた。

 試合後には、「“2点差完勝”日本、中国に枠内シュート0本の屈辱をプレゼント。カタール行き青信号」(『Goal.com』韓国版)、「日本、ホームで中国に2-0勝利!B組2位維持、カタール行き可能性UP」(経済メディア『MoneyS』)と、韓国でも結果が速報で伝えられた。

【画像】中国戦のフォーメーション表
 なかでも、「日本、“前半シュート0本”中国に2-0完勝・・・最終予選4連勝」と見出しを打ったサッカー専門メディア『FOOTBALLIST』は、中国戦の勝利で最終予選4連勝を飾った日本の戦いぶりを以下のように評価した。

「序盤に比べれば凄まじい上昇ムードだ。日本は第1戦でオマーンに敗れ、第3戦でもサウジアラビアに屈し、大きな危機のなかで最終予選をスタートした。一時は4位まで転落し、予選敗退の可能性が言及されたりもしたが、第4戦でオーストラリアを下して以降、雰囲気が変わった。以降はベトナム、オマーン、中国と4連勝を挙げた」

 一方で、スポーツメディア『MHNスポーツ』は「勝ったものの…日本、中国戦完勝も笑えなかった理由」とし、森保一監督の采配に言及。「予想通り日本が中国を一方的に追い詰めたが、問題が再び露出した」と伝えると、中国戦で先発出場したDF長友佑都を引き合いに出した。

「日本は左サイドバックにベテランの長友を出場させた。長友はベテラン起用を重視する森保一監督の信頼を受けている。しかし、1986年生まれで徐々にパフォーマンスが落ちていく状況で、日本現地メディアや元サッカー選手、解説者など、多くがこの点を批判している。行き過ぎたベテラン好みというわけだ」と伝えた。

 ほかでは、敗れた中国のパフォーマンスを言及するメディアが多く見られた。

「“シュート2本の屈辱”中国、日本に0-2完敗…ワールドカップ出場は事実上霧散」(芸能メディア『スターニュース』)
「中国、日本に息もさせてもらえず0-2敗北…枠内シュート0本」(スポーツ&芸能メディア『OSEN』)
「“少林サッカー、侍サッカーに完敗” 中国、W杯最終予選で日本に0-2」(スポーツ紙『スポーツ朝鮮』)

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本2-0中国|大迫!伊東!中国から2点を奪い、新年初戦を勝利で飾る!
 とくに、スポーツメディア『SPOTV NEWS』は「中国のすべての努力が水の泡になった。中国はワールドカップ本大会出場のため、前々から外国人選手を積極的に帰化させてきた。2次予選、最終予選と続く日程のなかで長期合宿を行ない、自国リーグの日程を大々的に調整したが、結果は惨憺たるものだった」と、2位以内での本大会出場権獲得の可能性が消滅し、プレーオフ進出圏内の3位も絶望的な中国の現状を厳しく指摘した。
 
 ちなみに、韓国は日本対中国が行なわれた同日にアウェーでレバノンと対戦。FWソン・フンミン、FWファン・ヒチャンを負傷で欠いたなか、前半終了間際にFWチョ・ギュソンが決めた1点を守り切り、1-0で勝利を収めた。スポーツ紙『スポーツソウル』は、この試合で韓国が2006年10月のアジアカップ予選以来、15年3か月ぶりに一度も交代枠を使わなかったことも伝えている。

 レバノン戦の勝利で2位をキープした韓国。日本対サウジアラビアが行なわれる2月1日の同日、中立地UAEでのシリア戦を引き分け以上で終えれば、10大会連続11回目のワールドカップ出場が確定する。

 果たして、日本が絶対に負けられないサウジアラビア戦を迎えるなか、韓国は本大会出場を決めることができるのだろうか。次戦はどちらの試合も目が離せない戦いとなりそうだ。

構成●ピッチコミュニケーションズ

参照記事:『スポーツソウル』日本版
“魔のレバノン遠征”を制した韓国。90分交代ゼロはなぜ? ベントの粘りか戦略か
https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=43062