現地時間5月16日に開催されたプレミアリーグ第37節で、冨安健洋が所属するアーセナルがニューカッスルと敵地で対戦。0-2で敗れた。

 CBでの起用も予想された冨安は、主戦場の右SBで先発。しかしスコアレスで迎えた38分、右のハムストリングあたりを抑えてピッチに座り込み、1分後に無念の交代となった。

【画像】ニューカッスル戦で突然ピッチに座り込んだ冨安
 今シーズンの冨安は、両足のふくらはぎを痛めて、約3か月の戦線離脱を強いられ、4月23日にようやく実戦復帰したところだった。

 まだ怪我の詳しい状態は分からないが、22日に開催されるプレミアリーグ最終節の出場は厳しいかもしれない。また、程度によっては、6月2日から4試合を戦う日本代表の6月シリーズへの参加にも影響がありそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】本調子から程遠い冨安、サンマクシマンに振り切られる…CKを挟みこの直後に無念の負傷交代

【動画】「無謀」「不快だ」リーズDFの危険な両足タックルに冨安が珍しく激昂!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!