現地時間5月21日、パリ・サンジェルマンはフランス代表FWキリアン・エムバペが2025年まで3年間の契約延長にサインしたことを発表した。これまで契約更新に応じず、今夏のレアル・マドリー移籍が濃厚視されていただけに、驚きの決断に世界中で衝撃が広がっている。

 スペイン紙『MARCA』によれば、マドリーは先週、契約金1億3000万ユーロ(約170億円)と高額サラリー、さらに選手側に肖像権100%を認めるという、パリSGとほぼ同等のオファーを出し、合意に達していたという。それがなぜ、一転して残留となったのか。

 同紙は「パリSGは、エムバペが発言権を持ち、新しいスポーツディレクターと次期監督の選出に影響を与えられるようにした。23歳はまた、チャンピオンズ・リーグで初優勝するというチームの希望を高めるため、補強についても発言する予定だ」と報じている。

 そのエムバペ本人は翌22日にSNSも更新。背番号「2025」のユニホームを持った自身の写真と、チームカラーの青と赤の絵文字を添え、フランス語でたった一言こう綴っている。

【動画】「皆さんとともにタイトルを獲得していきたい」パリSG残留を発表するエムバペ
「L’aventure continue…(冒険は続く)」

 このわずか3単語の決意表明に、世界中のサッカーファンはすぐさま反応。コメント欄は次のようなコメントが殺到している。

「彼が誰よりもクレ(バルセロナのファン)だった)」
「これほどまでにドラマをやる意味があったのか」
「まだここで冒険を続けたいのか」
「家にいるのが大好きみたいだ」
「愚か者め、モラルの欠片もないのか」
「こんなカオスな契約延長ツイート初めて見た」
「安心した。これからも応援していくよ」
「パリのエムバペでCL優勝するところを見たい」
「キリアン・サンジェルマン」
「サッカー史上最年少のスポーティングディレクター誕生」

 また、憧れのクラブとの決別を象徴する一枚として、今シーズンのチャンピオンズ・リーグでマドリーに大逆転された際、歓喜に沸く相手と対照的に、エムバペが1人肩を落とす写真も数多く上げられていた。

 一夜にしてマドリディスタはじめ、多くのファンの間でヒールとなった23歳のスーパースター。この決断が吉と出るか凶と出るか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち