現地時間7月2日、ブンデスリーガのボルシアMGは、マンチェスター・シティが保有している板倉滉の完全移籍での獲得を発表した。契約は2026年6月末までの4年間。背番号が「3」に決定。

 板倉の加入にあたり、ボルシアMGのローランド・ビルクスSDは公式HPを通じ、「コウはとてつもなく強い走力と戦術的な規律を備えた選手で、6番を含むDFの様々なポジションでプレーできる。彼にとっては移籍先として魅力的な選択肢が複数あったが、我々との計画に魅力を感じ、確信してここを選んでくれることを嬉しく思う」と述べている。
【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 板倉は昨季、シティからのレンタルでドイツ2部のシャルケでプレー。主力として活躍し、31試合に出場・4ゴールという記録を残して1部昇格に貢献。シーズン後、シャルケは買取を望んでいたが、資金面で折り合わずに断念。ドイツの複数クラブやスコットランド1部セルティックなどから関心が寄せられ、”争奪戦”状態となっていた。

 そのなかでも熱心にシティに働きかけていたのがボルシアMGだったようだ。現地メディアによれば移籍金は500万ユーロ(約7億円)+ボーナスで解決したという。同クラブの日本人プレーヤーは、大津祐樹(現・磐田)以来となる。

 板倉は明日からチーム合宿に同行し、月曜日に現地で記者会見を行なう予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】DF2人を手玉に取る!板倉の昨季4点目はまさにゴラッソ!

【画像】緑×白×黒のユニホームに腕を通した板倉滉をチェック!

【画像】堂安律、久保建英、板倉滉、中山雄太の個性的なスタイリングにも注目! 東京五輪メンバーの爽やか集合フォトをチェック

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!