開幕の約3か月前に、異例の変更となった。

 FIFA(国際サッカー連盟)は8月11日、カタール・ワールドカップの開幕日を1日前倒しし、11月20日から開催することを正式に発表した。

 当初は11月21日の開幕で、この日の現地13時から開幕戦のセネガル対オランダ、16時からイングランド対イラン、19時から開催国カタール対エクアドル、22時からアメリカ対ウェールズの試合が組まれていた。
 


 ただ、これまでのW杯は前回優勝国か開催国が開幕戦を戦う伝統が続いてきたため、それに倣い、カタール対エクアドルのみが1日早い20日の19時に変更。開会式も20日に行なわれることになった。

 また、セネガル対オランダは21日の13時から19時にキックオフ時間が変更されている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表の歴代ユニホームを厳選写真で振り返り!