『France Football 』誌は8月12日、主催する2022年バロンドールのノミネート選手30人を発表。パリ・サンジェルマンのリオネル・メッシが外れ、衝撃が広がっている。

 史上最多7度のバロンドール受賞を誇るメッシがノミネートから外れたのは、2005年以来初めて。そのアルゼンチン代表FWの最大のライバルで、史上2位の5度栄冠に輝いているクリスチアーノ・ロナウドは選出されている。

【画像】メッシがまさかの選外!バロンドールにノミネートされた30人をチェック!
 昨シーズンは、パリSG移籍1年目でリーグ戦わずか6ゴールに終わったとはいえ、このスーパースターの落選はやはり衝撃だったようだ。

 このニュースを伝えた各国メディアのSNSには、「驚きだ」「まじかよ」「ついに終焉か」「ロナウドは選ばれているの」「まるでリスペクトがない」「史上最高の選手だぞ!」「やはりロナウドが上だった」「信じられない」「リーグ・アンで6ゴール。文句はないはず」「今でもナンバーワンだ」「なぜロナウドは選ばれているんだ?」といった様々な声があがっている。

 今シーズンは、開幕2試合ですでに3ゴールを叩き出しているメッシ。この屈辱を力に変えるはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【動画】「驚いて言葉がない」胸トラップから華麗なオーバーヘッド!メッシが決めた衝撃弾を

【PHOTO】スター軍団を一目見ようと集まったパリ・サンジェルマンサポーターを特集!