8月13日に開催されたプレミアリーグ第2節で、三笘薫が所属するブライトンはニューカッスルとホームで対戦。三笘はマンチェスター・ユナイテッドとの開幕節(〇2―1)に続き、ベンチスタートとなった。

 クラブ史上初めてオールド・トラフォードでユナイテッドを破り、勢いに乗るブライトンは20分、トロサールがハーフウェイライン付近から一気に持ち上がり、ペナルティエリア左から左足を振り抜くも、GKポープに阻まれる。

 さらに36分には、こぼれ球に反応したマーチがエリア内からシュートを放つが、カバーに入った相手トリッピアーにゴールラインぎりぎりでクリアされる。

 0−0で折り返すと、後半開始直後の49分にマーチの右サイドからのクロスに、タイミングよく走り込んだララーナがヘッドで合わせる。しかし、ここもポープのビッグセーブに遭う。
 
 迎えた75分、この日2枚目の交代カードを切り、三笘を投入する。ベルギー1部ユニオン・サン=ジロワーズへのレンタル移籍を経て、今夏からイングランドでプレーする25歳の日本代表MFは、ついに新天地デビューとなった。

 すると三笘は、ディフェンスの間を通す絶妙なパスを出せば、キレキレのドリブルから左サイドを崩し、決定機を演出するなど、さっそく存在感を発揮する。

 それでもこの日のブライトンは、イングランド代表守護神から最後まで1点を奪えず。スコアレスドローのままタイムアップを迎え、連勝発進とはならなかった。

 次節は21日に敵地でウェストハムと相まみえる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ゴール前で相手の間を通す超絶パス&キレキレの突破で決定機を演出!

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!