現地時間8月13日、ブンデスリーガ第2節が行なわれ、フランクフルトは敵地でヘルタ・ベルリンと対戦した。

 フランクフルトの鎌田大地はボランチで今季初先発でリーグ戦初出場、長谷部誠はベンチスタートととなった。

 いきなり3分に失点したフランクフルトは、ゴールには度々迫るものの、決定機を活かせず。0-1で折り返す。
 
 しかし後半開始早々に追いつく。カウンターから前線に持ち上がったムアニがゴール前で右にパス。そこに走り込んだ鎌田が、右足で落ち着いたグラウンダーのシュートを流し込んだ。
【画像】鎌田大地が今季初ゴール! 敵地に詰めかけたサポーターを煽る姿をチェック

 鎌田はその後も積極的に前線に飛び出して好機を得るが、フィニッシュの精度を欠く。

 89分には走り込んだボレが相手GKに倒されPKを獲得。と思いきや、VAR判定で覆る。74分に負傷したトゥーレの代わりに今季初出場した長谷部誠が必死に抗議をする姿も見られた。

 鎌田は87分までプレー。試合は1-1で終わっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】今シーズン初の公式戦、DFBポカール1回戦で2ゴール! 鎌田の躍動をチェック

【動画】鎌田大地のテクニックが炸裂! 何気にホームユニ姿を初披露したキックターゲットをチェック

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち