[キリンチャレンジカップ]日本 0-0 エクアドル/9月27日/デュッセルドルフ・アレーナ

【日本代表・総評】
5.5
 指揮官が明言していた通り、4日前のアメリカ戦からスタメンを総入れ替え。システムは4-2-3-1のままでスタートした。ただ、前半から息の合わないシーンが続き、苦戦を強いられた。後半はメンバー交代で盛り返す場面も見られたが、シュミットのPKセーブがなければ負けていた。

【個人採点・寸評】
GK
MAN OF THE MATCH
23 シュミット・ダニエル 6.5
権田が負傷によって途中離脱したこともあり先発を掴む。前半終了間際にはあわやというボールをかき出すも、全体的にセットプレーで飛び出すタイミングやポジションにズレがあった印象。それでも後半終盤にチームを救うPKストップ!!
 
DF
2 山根視来 5
得意のハーフスペースなどでボールを受けようとする意識は感じられた。しかし、川崎で見せているようなプレーを披露できず。守備でも後手に回るシーンが。後半は徐々に高い位置に進行できた。
 
3 谷口彰悟 5.5
キャプテンの吉田がベンチに座るなか、最終ラインを統率。相手との距離が離れてしまうシーンもあったがよく耐えた。80分すぎにPKを取られたのは厳しい判定も反省材料か。あれがなければ「6」をつけたかった。
 
5 長友佑都 6(83分OUT)
攻撃面でのプラスアルファは限られたが、経験を生かした粘り強い守備はさすが。相手のクロスを止めてガッツポーズも飛び出す。
 
28 伊藤洋輝 6
評価が難しいところ。谷口とCBを組み、エクアドルに最後の一線は越えさせず。フィードも積極的に狙った。ただ精度はもう少し高めたかった。
 
MF
7 柴崎 岳 5.5(66分OUT)
キャプテンマークを巻き、田中とコンビを組みながら、前線にパスを供給しようと試みた。だがもう少し中盤を安定させたかった。
 
10 南野拓実 5(66分OUT)
トップ下で先発も、周囲との距離が遠く、有機的に絡む“らしさ”をなかなか表現できず。エクアドルの激しい当たりにも苦しんだ。
 
18 三笘 薫 5.5(66分OUT)
念願のスタメン出場。やはりボールを持つと期待感があった。しかし、ロストする場面もこの日は多く……本人は嫌がるかもしれないが、やはりジョーカー起用が適任か。
 
17 田中 碧 5.5
中間ポジションに立ち、ボールを引き出して前に運ぼうとする、いつものプレーは心掛けていた印象。もっともチームとして連係面に課題があったこの試合では難しい部分も多かったのだろう、珍しいミスも見られた。
 
21 堂安 律 5(83分OUT)
右サイドの連係が上手くハマらず、味方の動きとズレることも。アピールをしたかっただろうが、不完全燃焼で終わった感が。後半もゴールに向かったが……。
 
FW
9 古橋亨梧 5(HT OUT)
前線で有効なサポートを受けられず孤立した点はやや可哀そうに映った。しかし、相手のミスから迎えた決定機も決められず、プラン通りなのかもしれないが前半のみで交代に。
 
交代出場
FW
26 上田綺世 5.5(HT IN)
前半の頭から出場。69分には相馬のクロスから惜しいヘッドを放つも、モノにできず。他にチャンスはあっただけに決めていれば……。
 
MF
27 相馬勇紀 6(66分IN)
ポジティブなイメージを残す。左サイドから果敢に仕掛けた。ただし、クロス精度はより上げたい。
 
MF
15 鎌田大地 6(66分IN)
相馬とともに攻撃を加速させた。パスの狙いどころはさすが。もっともゴールには絡めず。
 
MF
6 遠藤 航 6(66分IN)
攻撃時は最終ラインに落ちながらポゼッションに参加。チームにリズムをもたらそうと奮闘した。
 
DF
22 吉田麻也 ―(83分IN)
3−4−2−1変更に伴い出場。エクアドルの攻撃を跳ね返しながら、攻撃につなげようとプレーした。
 
MF
14 伊東純也 ―(83分IN)
鎌田らと連係してチャンスを窺った。右サイドからの突破を狙うも結果にはつながらず。
 
監督
森保 一 5
ワールドカップ第2戦のコスタリカ戦を想定した部分もあったのか、23日のアメリカ戦からスタメンを総入れ替え。その選択がゲームを難しくしたようにも映る。この試合で得られたものは? 終盤は3−4−2−1で勝点1を得る策は提示した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】ブラジル、フランス、イングランドも刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【PHOTO】デュッセルドルフ・アレーナに集結した日本代表サポーターを特集!

【動画】三笘が鋭い突破からラストパス!南野がワンタッチで合わせるも枠を捉えられず