J2のモンテディオ山形は10月1日、「SNS上でのアルビレックス新潟の選手を侮辱する発言について」と題し、声明を発表した。

 同日にJ2第39節で、山形はホームで新潟と対戦。1−1のドロー決着となった試合後、山形は「モンテディオ山形サポーターによる新潟の選手を侮辱する投稿がSNS上にて確認されました」と報告。「まず、当該の選手とアルビレックス新潟のクラブ・関係者・サポーターのみなさんに心よりお詫び申し上げまず」と謝罪した。
 
 さらに「このような投稿は到底看過できるものではありません。発言者に対しては然るべき対応を行ってまいります。クラブとしては、個人や集団を攻撃、脅迫、侮辱する行為や発言については法的措置も辞さない強い態度で臨んでまいります」と伝え、次のようにクラブとして姿勢を表明した。

「サッカーは人種や民族の垣根を超えて、全ての人達が楽しめる素晴らしいスポーツです。そして、Jリーグは敵味方の関係を超えて、日本中の人々を繋ぎ、喜びや興奮を共有し合う素晴らしいコンテンツです。我々はこのJリーグとプロスポーツがある喜びを共に感じながら、全ての人達が元気に暮らせる社会を創り上げてまいります」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部