カタール・ワールドカップ(W杯)の開会式が行なわれた11月20日、スタジアムでゴミ拾いをする日本人サポーターの姿が伝えられた。

 これは世界中で驚きを伴って報じられ、さらに23日に行なわれたドイツ戦(2−1)、27日に行なわれたコスタリカ戦(0−1)でもその姿が目撃され、日本人の振る舞いが脚光を浴びている。

 しかし、この行為を皮肉る層もいるようだ。英メディア『football.london』のSNSエディターなどを務めるアンディ・ハー氏が、自身のTwitterを通じて公開した動画が、反響を集めている。

 その動画は日本人サポーター2人がゴミ拾いをする姿を“逆再生”したもの。1人は日本代表の冨安健洋の16番のユニホームを着用し、もう1人は法被を着てスタジアムを歩いている。だが、逆再生したことにより、本来はゴミ拾いをしているはずが、ゴミを散らかしているように見えるのだ。
 
 ハー氏は「日本のファンが袋からゴミを取り出し、笑いながらスタジアムのあちこちに置いていく映像。みっともないシーンだ」というコメントを添えている。音声なども絶妙に編集されているため、一見、日本人サポーターがスタジアムのベンチなどに「ゴミを散らかしている」ように見えなくもない。

 しかし、この動画には海外ファンから手厳しい批判が殺到。「ジョークだとしても面白くない」「この素晴らしい文化を軽んじるなんて情けない」「お前の国では後ろ向きに歩くのが当たり前なのか? 下らない編集で良い行ないを汚すな」「日本に行ったことがある人なら、街がどれだけ綺麗か分かるだろう。みっともない」「日本人は礼儀正しいから、こんなことはしない」「素晴らしい文化をこんな方法で誹謗中傷するなんて。クソが、恥を知れ!」といったものがほとんどだ。

 また、「トミのシャツを着ているからわざとこんなことをしたんだろう。みっともない」「こんなツイートをしてまでインプレッションが欲しいのか。アーセナルアンチめ」といった声も寄せられている。

 そのほか、「これはジョークだ。それが通じない人が多いみたいだな」「騙される人が少なくともいるだろうけど、それは騙された人もバカだ」「ジョークだと分かっていても、他の国にはないことをしている。褒めたかったとしたらへたくそだ」といったコメントも見られた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!