現地時間11月28日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループH第2戦で、韓国代表はガーナ代表と対戦。激しい競り合いの末、2−3で敗北した。

 同代表で2ゴールを挙げたのは、FWチョ・ギュソンだ。アジア最終予選のレバノン戦で代表デビューを飾り、今大会の初戦、ウルグアイ戦は途中出場した24歳のストライカーは、ガーナ戦では2点リードされた状況下で、58分、61分と立て続けにゴールネットを揺らし、一時は試合を振り出しに戻す活躍を見せた。

 韓国の「9番」を背負う男のハイパフォーマンスは、世界に衝撃を与えたようだ。韓国メディア『SeoulShinmun』は、その反響の大きさを「チョ・ギュソンはワールドカップのスターになった」と伝えている。
【動画】チョ・ギュソンが強烈なヘディングを披露! ガーナ戦で決めた2ゴールをチェック! ※投稿の白地部分をクリック
「ハンサムなルックスで世界中の注目を集めた韓国代表のアタッカー、チョ・ギュソンは韓国選手の史上初となる1試合2ゴールを決め、完璧なスターとして誕生した。彼はハンサムな外見だけでなく実力を兼ね備えていることを証明し、チームは敗北したが背番号9は輝いた。彼が生んだゴールは、スタジアムを訪れた応援団はもちろん、観客やインターネット上のフットボールファンまで興奮させている。

 彼の存在は、ウルグアイ戦が終わった後、すぐにSNS上で話題を呼んだ。TwitterやインスタグラムなどのSNSで、『あの背番号9は誰だ?』『韓国代表の9番に注目している』といった言葉が英語、アラビア語、スペイン語など多様な言語で発信された」

 ちなみに、「同選手のインスタグラムは、W杯開始前は3万人あまりにとどまっていたが、25日時点で122万人に急増した」と約40倍のフォロワーを獲得。29日時点では130万人を超えている。

 とはいえ、本人はあくまで控えめ。試合後の記者会見で「有名になりたいわけではない」とコメント。大反響となっているSNSでの評判はよそに、「2ゴールより勝利が欲しかった。ワールドカップという世界的な舞台での得点は非現実的だと思っていた。でも、何より勝利が欲しかった」と述べたという。

 GS2試合を終えて勝点1の韓国は、決勝トーナメント進出のためには最終節のポルトガル戦での勝利が必須状況となった。チョ・ギュソンは再び躍動し、母国代表を勝利に導けるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【W杯PHOTO】ワールドクラスの美女サポーターずらり! スタジアムを華やかに彩る麗しきファン厳選ショット!

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!