森保ジャパンが再び世界に衝撃を与えた。

 現地時間12月1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ(E組)第3戦で、日本はスペインと対戦。戦前の予想通り序盤から圧倒的に押し込まれ、前半のうちに先制を許すも、後半の開始直後に堂安律と田中碧が立て続けにゴールを奪い、2−1で劇的な逆転勝利を収めた。

 ドイツとの初戦に続いての金星だ。当初はコスタリカと共に“二弱”とみなされていた日本は勝点を6に伸ばした結果、なんと“二強”のスペインとドイツを抑え、堂々の首位で「死の組」を突破した。決勝トーナメント1回戦ではF組で2位に入ったクロアチアと対戦する。

 各国メディアがこぞって、この“事件”を取り上げるなか、英メディア『90min』も「サムライブルーは見事な逆転勝利でスペインを驚愕させ、自分たちをグループEのトップに押し上げ、ドイツをワールドカップから追いやった」と報道。そして出場全選手と指揮官を採点し、寸評も記している。
【W杯PHOTO】日本 2−1 スペイン|堂安&田中のゴールで逆転勝利!堂々の首位通過でベスト16進出!
 トップの8点を与えたのは、伊東純也、三笘薫と、得点者の堂安と田中だ。後半から出場し、わずか3分で同点弾を叩き込んだ堂安に関しては、「直ちにクオリティを注入した」と、その仕事人ぶりを称えた。

 また、強気な采配が光った森保一監督も7点の高評価で、「スタメンを間違えたのだろうか?そんなことはどうでもいい。素晴らしい交代劇で、明らかに完璧なチームトークだった」と伝えた。

 一方で、2点の辛辣評価となったのが、いずれも前半のみで退いた長友佑都と久保建英だ。それぞれ「完全にガッカリさせ、ハーフタイムに下がった」「45分間の出場で、ほとんどボールに絡めなかった」と指摘された。

 悲願のベスト8進出へ――。クロアチア戦でも勝利を得るために、チーム一丸となって戦いたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【W杯PHOTO】現地カタールで日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!