現地時間12月1日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(E組)の第3戦で、日本代表は優勝候補のスペイン代表と対戦。11分に先制されたものの、48分に堂安律、51分に田中碧がネットを揺らし、ドイツ戦に続いて大金星を挙げた。

 劇的な首位通過に日本中が沸くなか、2日に放送されたテレビ朝日の『報道ステーション』にカタールから出演した元日本代表DFの内田篤人氏は、「勝利のカギになった選手」を選出。後半頭から投入され、田中の決勝点をアシストした三笘薫を挙げた。

 内田氏はともに出演した元日本代表監督の岡田武史氏の言葉を借り、「勝負の神様は細部に宿るって岡田さんがずっと言っていた。それを三笘選手が入って体現してくれました」と話し、こう言葉を続けた。

【動画】FIFAが「出ていない」と公開!世界的に物議を醸している三笘の決勝アシストをチェック
「彼がいることによってスペインは非常にカウンターが恐かったと思う。彼は攻撃的な選手ですけど、ディフェンスで対面する選手に食いついていた。そこらへんが勝利のカギだったんじゃないかな」

 2度のW杯に出場した名SBは「勇気を持って前線からプレスに行く彼の姿は、勇気を与えた」と称えている。

 得意のドリブルだけでなく、左ウイングバックとして守備にも奮闘する姿に感銘を受けたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】現地カタールで日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!