2月4日に開催されたプレミアリーグの第22節で、冨安健洋が所属するアーセナルが敵地でエバートンと対戦。冨安は注目の新戦力であるジョルジーニョやトロサールとともにベンチスタートとなった。

 プレミアでは13戦無敗で、1試合消化試合が多い2位のマンチェスター・シティに5ポイント差をつけて首位を走るアーセナルは、19位に沈み、先月末にランパードを解任して招聘したダイチ監督の初陣となるエバートンに押し込まれる。

 34分にはオナナに持ち込まれてピンチを招くも、ゴール前に供給したボールが合わず、難を逃れた。

 39分にはチャンス。左サイドからのクロスに右サイドハーフののサカがボレーで狙うも、枠を捉えたシュートをカバーに入ったDFにクリアされる。

 前半アディショナルタイムには、キャルバート・ルーウィンのヘディングシュートを浴びたが、枠を外れた。

【動画】「スーパーだ、トミヤス」「外からもチームを守っている」ピッチ外でブラジル代表FWとやり合う冨安
 後半に入って58分、ヌケティが左サイドから持ち込み、フリーのウーデゴーにパス。しかし、キャプテンが大きく外してしまう。

 ドローは避けたいアウェーチームは、その直後の59分に2枚替え。トーマスとガブリエウ・マルチネッリを下げて、注目のジョルジーニョとトロサールを投入する。

 しかし、その直後の60分、CKからエバートンのDFターコウスキにヘディングシュートを叩き込まれ、先制を許す。 

 その後はトロサールが2度のシュートチャンスを迎えるも、枠を捉えられない。85分にはホワイトに代わって冨安を右SBに投入したが、1点が遠かった。

 FAカップのマンチェスター・シティ戦に続いて公式戦連敗のアーセナルは、プレミアでは9月4日のマンチェスター・ユナイテッド戦以来、約5か月ぶりの今シーズン2敗目となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ジョルジーニョ投入直後に…アーセナルがCKから痛恨の失点

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩った“美しきサポーターたち”を厳選!