有名記者が、プレミアリーグで躍動する日本代表アタッカーの「市場価値」を明かした。

 ブライトンの三笘薫は2月4日のレミアリーグ第22節ボーンマス戦で劇的な決勝弾を奪取。これで公式戦ここ7試合で5ゴールとなり、手がつけられない状態となっている。
 
 そんななか、移籍市場に精通したファブリツィオ・ロマーノ記者がこの25歳について言及した。『sportskeeda』によれば、「トップクラブは、ミトマの優先事項がブライトンに集中することにあり、まだ大きな動きはないことを知っていると思う」としたうえで、こう続けている。

「たしかに、彼はすでに3500万ポンド(約56億円)以上の価値があるが、現段階では交渉する時ではない。ブライトンは現在素晴らしい状態にある、またひとりの宝石を発掘した」

 今冬にはアーセナルからの関心も伝えられた三笘。ロマーノ記者の見立てでは、具体的なビッグクラブ移籍の話はまだないようだ。ただ、世界最高峰のプレミアリーグで無双の活躍を見せているだけに、強豪が動き出すのは時間の問題だろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「やばすぎる」「ポジショニングよすぎ」とファン衝撃!三笘薫が決めた渾身のヘッド弾

【動画】「あれかわすんか…やば」「手出てるの笑っちゃう」相手DFが両膝をつく!海外も注目した三笘薫のキレキレドリブル