日本女子代表は2月28日、パリ五輪のアジア最終予選・第2戦で北朝鮮女子代表と国立競技場で対戦している。

 立ち上がりから両チームともインテンシティの高いプレーを披露。激しいバトルが見られるなか、9分だ。ルーズボールの奪い合いで、北朝鮮のMFジュ・ヒョシムの右足が、FW田中美南の膝に入る。田中美はすぐに起き上がったものの、少し痛がる様子を見せた。
【PHOTO】パリ五輪アジア最終予選、北朝鮮との2連戦に挑む日本女子代表招集メンバー22名を一挙紹介!
 試合を中継する『DAZN』で解説を務める元なでしこジャパンの岩清水梓が「ちょっと危ない」とコメントすれば、同じく解説の元日本代表DFの坪井慶介氏も「VARあったら...レッド?」と懸念を示した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「バカなこと言わないで!」元中国女子代表の“超美人GK”が生放送中に突然号泣&絶叫! ネット上で賛否両論が渦巻く一大騒動へ

【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!

【記事】「決勝の後、全員でカップラーメンを食べた」中国女子代表主将が衝撃発言、“男女格差”に母国紛糾!「男子は3人のシェフがいて、毎日ナマコを食べているのにか」