日本代表の6月シリーズが終わり、ご存じの通り、森保ジャパンは6日のミャンマー戦と11日のシリア戦で、それぞれ5−0で圧勝した。指揮官は攻撃的3バックのテストに踏み切り、堂安律(フライブルク)や中村敬斗(スタッド・ドゥ・ランス)らアタッカーのウイングバック起用が奏功。上田綺世(フェイエノールト)や小川航基(NEC)らFW陣もゴールを挙げるなど、収穫の多い活動となった。

 ただ、気になるのは、パリ五輪世代の鈴木唯人(ブレンビー)がシリア戦でベンチ外になったこと。長友佑都(FC東京)、前田大然(セルティック)とともにスタンドから久保建英(レアル・ソシエダ)らの戦いを見守ることになったが、主力として躍動する同学年アタッカーの一挙手一投足を目の当たりにして、悔しさを覚えたことだろう。

 このタイミングで鈴木唯がA代表入りし、ミャンマー戦で途中出場から初キャップを飾ったことで、パリ世代の突き上げ加速に期待が高まった。が、堂安や南野拓実(モナコ)、鎌田大地(ラツィオ)ら年長者の壁はまだまだ高いようだ。

 6月シリーズで招集された26人を見ると、東京五輪世代が17人と圧倒的多数を占めていた。森保監督が自ら強化にあたった面々で東京五輪、2022年カタール・ワールドカップを戦ってきたのだから、彼らが次の26年北中米ワールドカップでも主軸になるのはある意味、当然の流れではある。
 
 しかしながら、特定の年齢層に偏ってしまうと、チームは活性化されないし、若返りも進まなくなってしまう。パリ世代以下のタレントがもっと出てきてほしいのだが、現状で計算できる戦力になっているのは久保1人。そこは物足りないと言うしかない。

 過去の代表を振り返っても、2002年日韓W杯で活躍した小野伸二、稲本潤一(南葛SC)らが円熟期を迎えるはずだった2006年ドイツW杯では、顕著なメンバー固定が災いし、惨敗を喫している。2010年南アフリカW杯で台頭した本田圭佑、長友らに依存した2014年ブラジルW杯でも結果が出なかった。

 特に後者はアルベルト・ザッケローニ監督が2013年コンフェデレーションズカップで世界の壁にぶつかった後、柿谷曜一朗(徳島)や大迫勇也(神戸)ら若手を抜擢。融合を図ったが、その時間が短すぎたという指摘もあった。

 だからこそ、次の最終予選では、パリ世代以下の台頭が一気に進み、戦力として計算できる人材が増えていく状況が望ましいのだ。

【PHOTO】日本代表のシリア戦出場16選手&監督の採点・寸評。3人が7点の高評価。MOMは2点に関与した左WB
 カタールW杯の最終予選を振り返っても、序盤3戦で窮地に陥ったチームを救ったのが、田中碧(デュッセルドルフ)であり、三笘薫(ブライトン)だった。とりわけ、三笘は初キャップを刻んだ2021年11月のオマーン戦で後半から出てきて鮮烈な印象を残し、22年3月のオーストラリア戦(シドニー)では2ゴール。本大会への切符を自らの手で引き寄せるという非常に大きな働きを見せたのだ。

 当時の三笘のような存在が下の世代から出てきてくれれば、2026年のW杯本大会に向けて弾みがつく。鈴木唯は目下、有力候補の1人だが、ここから成長曲線をグッと引き上げるためには、来季の身の振り方が肝心。今夏の移籍市場で欧州5大リーグへのステップアップが有力視されているが、新天地で開幕から異彩を放つくらいの迫力がないと、森保ジャパンの現有戦力に割って入ることは難しそうだ。

 パリ五輪出場が有力視される斉藤光毅(スパルタ)や細谷真大(柏)、藤田譲瑠チマ、鈴木彩艶(ともにシント=トロイデン)にしても同様。すでにA代表の実績がある鈴木彩は、森保ジャパンの正守護神に近い位置まで来ているものの、それ以外の選手はまだまだ未知数と言わざるを得ないだろう。

「世界を見たら、どんどん16、17(歳)で良ければ使う形になっている。日本も年齢に関係なく、どんどん良い選手が入っていくべき。かといって、16、17、18(歳)で代表に割って入ってこれる選手がいるかというと、僕は分からない。そのレベルの選手がいるのであれば、代表の門を叩いてほしいなと思います」と、スペインで長くプレーする久保はストレートにこう発言した。
 
 実際、スペインでは16歳のラミン・ヤマル(バルセロナ)がEURO2024でメンバー入り。ビッグトーナメントのたびに10代の選手が出現している。日本がその領域に達するのは簡単ではないが、「久保が一番下」という状況は、次の最終予選では絶対に変えなければいけない。

 東京世代への依存が続くと、いつかチームは下降線を辿る可能性が高い。しかも今回の最終予選は、同組の相手が全て中東勢という最悪のシナリオもないとは言えない。ベスト8で散った昨冬のアジアカップの苦い経験も踏まえながら、森保監督には先々も考えたチーム作りを進めていってほしいものである。

取材・文●元川悦子(フリーライター)

記事:【日本代表26選手の通信簿】4人が最高の「S」評価。シリーズMVPは新境地で2G1Aと躍動したMF

記事:日本代表、W杯最終予選の組分けで最高・最悪のシナリオは? カタール、サウジ、UAE、北朝鮮と同居する可能性も

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!