シュツットガルトに所属する日本代表DF伊藤洋輝のバイエルン移籍が秒読みとなった。ドイツの大手『Bild』紙や移籍市場に詳しいファブリツィオ・ロマーノ記者などが一戦に報じている。

 この報を、驚きをもって伝えたのが、韓国メディア『スポーツ朝鮮』だ。「キム・ミンジェ、今回は日本人が競争相手!」と見出しを打った記事を掲載。こう綴っている。

「キム・ミンジェに強力な競争相手が出て来た。日本代表CBイトウのバイエルン行きが迫ってきた。イトウが入ってくると、キム・ミンジェとしてはまた別の競争相手を迎えることになる」
【PHOTO】日本代表のシリア戦出場16選手&監督の採点・寸評。3人が7点の高評価。MOMは2点に関与した左WB
 
 同メディアは「キム・ミンジェは(ヴァンサン・)コンパニ監督の殺傷リストに名前があがらなかった。守備ラインではマタイス・デ・リフトがリストにあがっている。適切な移籍オファーあれば売ることもできるという意味だ」と伝え、こう続けている。

「しかしキム・ミンジェは相変らずチームの主軸として活躍すると見込んだ。イトウが来ると競争だけでなく互いに補完する役割もできると思われる」

 韓国代表DFのライバルとなりうる伊藤の獲得に注目しているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「皆さんが持ち上げて、こき下ろすみたいになりかねない」3バックは機能したのか? 久保建英が本音「本当に強い相手とやらないと...」

【記事】「無礼、脅迫、傭兵」鎌田大地、“大変”なラツィオ会長とSDからの批判に本音「自分たちを守るために...」

【PHOTO】9頭身の超絶ボディ! 韓国チア界が誇る“女神”アン・ジヒョンの悩殺ショットを一挙チェック