2023−24シーズン限りでユニホームを脱いだ元日本代表の長谷部誠氏が、ドイツ代表DFと揉めた過去を明かした。

 ドイツがスコットランドに5−1で圧勝したEURO2024開幕戦を中継したABEMAで、長谷部氏はフランクフルトからリモートで解説を担当。試合中に、ドイツ代表を率いるユリアン・ナーゲルスマン監督と過去に大喧嘩をしたと明かし、さらにこんなエピソードを告白した。

「さっきから喧嘩、喧嘩ばかりになっちゃうんですけど、(アントニオ・)リュディガーとも喧嘩してるんですよ、試合中に」
 
 同じく解説を務めた元Jリーガーの林陵平氏から、「そんな喧嘩するタイプでしたっけ?」と突っ込まれると、こう答えている。

「僕はピッチに立つと熱くなるタイプなんで。彼がシュツットガルトで、まだ相当若かったと思います。すごく挑発されたんで」

 リュディガーといえば、カタール・ワールドカップの日本戦で、浅野拓磨と対峙した際、腿を不自然に上げる奇妙なステップを披露。ABEMAで解説を務めていた本田圭佑が「いまのは性格悪い。バカにしたような走り方をしている」と非難し、反響を呼んだ。
【画像】「性格悪い」と本田圭佑が批判したドイツ代表DFの奇妙な動き
 2023−24シーズンにレアル・マドリーのチャンピオンズリーグ制覇に貢献したCBは、日本人選手と何かと因縁があるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「僕が監督だったら絶対にほしい」長谷部誠が絶賛したベテラン戦士は?「身体も張れますし...」
 
【記事】「試合中に大喧嘩した」長谷部誠が年下指揮官との“衝突”を告白!「監督としてピッチサイドで感情を表わすのは...」

【PHOTO】ドイツで開幕したEURO2024を華やかに彩る各国の美女サポーターを特集!