Jリーグは6月16日、J1第18節の6試合を各地で開催した。

 神戸は国立競技場で川崎と対戦し、1−0で勝利。43分の武藤嘉紀のゴールを守り抜き、4試合ぶりの勝点3を手にした。

 G大阪はホームで柏を2−1で下し、4連勝。15分に宇佐美貴史が先制点を挙げると、26分には山田康太が決めて2点差に。79分に失点するも、最後までリードを保った。

 福岡は鳥栖に2−0で完勝。45分に佐藤凌我、65分にウェリントンがネットを揺らし、盤石な試合運びで九州ダービーを制し、今季初の3連勝を飾った。

 また、鹿島対新潟、FC東京対磐田、名古屋対湘南はいずれも1−1のドローに終わった。
【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
 J1第18節の結果は以下のとおり。

▼6月15日開催分
横浜 1−3 町田
広島 4−1 東京V
京都 2−0 札幌
C大阪 2−1 浦和

▼6月16日開催分
神戸 1−0 川崎
福岡 2−0 鳥栖
鹿島 1−1 新潟
FC東京 1−1 磐田
G大阪 2−1 柏
名古屋 1−1 湘南

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「J2やJ3の環境がものすごく悪い」吉田麻也がJリーガーの“最低年俸”導入を訴える「親御さんたちは、本当に気持ちよく送り出せますか」

【記事】「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブのチアリーダーを一挙紹介!