Jリーグは6月16日、J2第20節の8試合を各地で開催した。

 愛媛は首位の清水を3−0で撃破。8分に窪田稜、59分に曽田一騎、90分に浜下瑛がネットを揺らし、今季2度目の連勝を飾った。

 岡山は敵地で熊本と対戦。1点が遠い時間が続いたが、終了間際の90+4分に末吉塁が劇的な決勝ゴールを挙げ、1−0で3試合ぶりの勝点3を手にした。

 千葉はホームに徳島を迎え、1−0で勝利。66分に小森飛絢が先制ゴールを挙げると、この1点を最後まで守り抜き、3連勝を飾った。
【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
 J2第20節の結果は以下のとおり。

▼6月15日開催分
藤枝 1−3 横浜FC
鹿児島 2−1 山形

▼6月16日開催分
いわき 1−1 甲府
水戸 1−0 秋田
仙台 2−2 長崎
愛媛 3−0 清水
熊本 0−1 岡山
大分 0−2 栃木
群馬 0−1 山口
千葉 1−0 徳島

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「J2やJ3の環境がものすごく悪い」吉田麻也がJリーガーの“最低年俸”導入を訴える「親御さんたちは、本当に気持ちよく送り出せますか」

【記事】「選手はどうサボりながら勝つかを考えちゃう」内田篤人が“夏のJリーグ”について持論「正直、欧州と逆のことをやっている」

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブのチアリーダーを一挙紹介!