ガンバ大阪は6月17日、公式YouTubeを更新。好調を維持する宇佐美貴史のインタビューを公開した。

 16日に行なわれたJ1第18節の柏レイソル戦(2−1)に4−2−3−1の1トップで先発した宇佐美は、開始15分に先制点をゲット。左サイドでボールを持つと、鋭い切り返しで寄せてきた相手をかわし、敵GKとの1対1を制してネットを揺らした。
【動画】柏戦のゴラッソを振り返るガンバ宇佐美貴史
 この技あり弾について、32歳のストライカーは「最初からキックフェイントするために釣り出したわけではなく、外巻きでシュートというイメージでいたけど、シュートの直前に、違う、切り返しやと思って、モーションを変えた」と振り返った。

 直前での判断は「自分自身も正直、身体がついていくかどうかも心配だったけど、リアリティのあるキックフェイントだったので、引っかかってくれた」と明かしている。

 このゴールの解説を「フェイントが全てだった」と締めくくった宇佐美。この一瞬の閃きが、ゴラッソが生んだのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「32歳で全盛期に戻ると誰が想像した?」宇佐美貴史、完全復活か。ブラジルメディアも感嘆!
 
【記事】「レベルはもっと上げなきゃいけない」JFAの宮本恒靖会長が日本の審判に見解

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!