現地時間6月20日、EURO2024のグループステージ第2節(C組)で、優勝候補のイングランドはデンマークとドイツのフランクフルトで対戦した。

 セルビアとの初戦を1−0で制したイングランドは13分、ペナルティエリア手前でパスを受けたプレミアリーグMVPのフォデンが得意の左足を振り抜くが、枠を捉えきれない。

 迎えた18分、右サイドを突破したウォーカーのクロスから、ケインが身体を開きながら上手く左足で流し込み、幸先良く先制点を奪う。頼れる30歳のキャプテンは、代表通算93試合で64点目となった。

 ただリードも束の間、34分に同点に追いつかれる。守田英正と共にスポルティングでプレーするヒュルマンに、守護神ピックフォードが必死に手を伸ばすも届かない、強烈なミドルシュートを叩き込まれた。
【動画】ケイン弾で先制も…超絶ゴラッソで追いつかれる
 1−1で折り返すと、54分に最初の選手交代。中盤で先発したアレクサンダー=アーノルドに代え、ギャラガーを送り込む。さらに69分にはケイン、サカ、フォデンの前線3枚を下げ、ワトキンス、エゼ、ボーウェンを送り込む。

 すると71分、ベリンガムの鋭い縦パスでワトキンスが抜け出し、ビッグチャンスを迎えるも、37歳のGKシュマイケルに阻まれる。

 結局2点目は奪えず、1−1でタイムアップ。悲願の欧州制覇を目ざすイングランドは連勝を逃し、スロベニアとの最終節を前に決勝トーナメント進出を決められなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】EURO2024を華やかに彩る各国の美女サポーターを特集!

【記事】「僕が監督だったら絶対にほしい」長谷部誠が絶賛したベテラン戦士は?「身体も張れますし...」

【記事】「衝撃だ」「イトウに押し出された」伊藤洋輝のバイエルン加入で韓国代表キム・ミンジェが放出か。現地報道に韓メディアは愕然!「最悪の状況になる」