現地時間6月22日に開催されたEURO2024のグループステージ第2節(F組)で、ともに初戦で白星を挙げたポルトガルとトルコがドルトムントで対戦した。

 勝ったほうが首位通過となるこの一戦で、序盤から押し気味だったポルトガルは21分に先制点を奪う。左SBメンデスのクロスは、相手に当たって方向が変わったものの、ベルナルド・シウバが左足でゴールに叩き込んだ。

 さらに28分、カンセロからロナウドのパスがズレてトルコボールとなったものの、サメトのバックパスがGKと合わずにそのままゴ―ルへ。オウンゴールで追加点を奪う。
【動画】B・シウバの先制弾&トルコまさかのオウンゴール
 36分には、B・シウバからパスを受けた39歳のロナウドがシュートを狙うも枠を捉えられない。
 
 後半に入って56分、ゴールを奪えば、EUROの最年長得点記録を更新するロナウドが巧みな動きで裏抜けし、GKと1対1になるも、なんとシュートを打たずにパスを選択。ブルーノ・フェルナンデスが難なく流し込んで、3点目を奪う。
【動画】ロナウドがまさかのアシスト→ブルーノの追加点
 ポルトガルがこのまま3−0で完勝。連勝でグループステージ首位通過を決めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「最悪のスポーツマンだ」「品がない」劇的弾直後にチェコ選手を挑発! C・ロナウドの行動に批判殺到!「メッシはやらない」【EURO】

【PHOTO】EURO2024を華やかに彩る各国の美女サポーターを特集!