【ACL採点&寸評】鹿島 1-1 シドニー|金崎、永木らが奮闘も…プロ初先発の小田の出来は?

【ACL採点&寸評】鹿島 1-1 シドニー|金崎、永木らが奮闘も…プロ初先発の小田の出来は?


[ACL4節]鹿島 1-1 シドニー/3月13日/カシマ
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 5.5
同点に追いつかれるまではゲームをコントロールできていた。両サイドからのアタックはスムーズで、奪われた後の切り替えも速く、ピンチを未然に阻止。だが、明らかに実力差のある相手を突き放せず、引き分けに終わった。
 
【採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 6
痛恨の1失点も、バックパスやハイボールの処理は安定。最終ラインの背後もケアし、フィードも間髪入れずに供給して攻撃の第一歩に。
 
DF
3 昌子 源 6
狙いすましたシュートブロックを見せ、ピンチになりかけそうな場面でも身を挺したディフェンスで事なきを得る。額を切りながらも最後までピッチに立った。
 
23 小田逸稀 5.5(82分OUT)
プロ初先発。スペースを埋める動きや機を見た攻撃参加は良かったが、長身のサイモンに競り負けてゴールを許した。
 
24 伊東幸敏 6.5
1対1を仕掛けられても冷静に対応。高い集中力で入ってくるボールを弾き出し、味方のミスも身体を張ってカバー。
 
39 犬飼智也 6
対人とエアバトルの強さをいかんなく発揮。タイトな守備で敵FWに簡単に前を向かせず、昌子との連係も問題なかった。
 
MF
4 レオ・シルバ 6
素早い寄せと攻守の切り替えで中盤の守備を引き締める。前後左右へのパス捌きもソツなし。31分にはCKからヘッドで狙ったが決め切れなかった。
 
6 永木亮太 6.5
先手を取るポジショニングと粘り強い守備が光る。巧みな身のこなしでボールを確実につなぎ、前線の選手を走らせる効果的な縦パスも。
 
13 中村充孝 6(74分OUT)
前を向く力とシンプルなワンツーで局面の打開を試みる。気の利いた3人目の動き出しとダイレクトパスでも攻撃のリズムを作った。
 
14 金森健志 5.5(85分OUT)
果敢な突破で攻撃に勢いをもたらしたが、潰される場面も少なくなかった。ただ後半はいくらか持ち直し、いくつか見せ場を作った。
 
FW
9 鈴木優磨 6
味方を活かしつつ、フィニッシュにも顔を出して多くのチャンスに絡んだ。ボールを引き出す動き出しにも工夫が見られた。
 
MAN OF THE MATCH
10 金崎夢生 6.5
相手のクリアミスを見逃さず、確実に頭で押し込んで先制点をゲット。シュートを打つ意識が高く、中盤に降りてきてビルドアップにも貢献。守っては相手のセットプレーを撥ね返すなど、豊富な運動量を活かし攻守両面で存在感を放った。

【ACL 鹿島 1−1 シドニー PHOTO】金崎の先制ヘッドも実らず。後半に失点を許し引き分けに終わる
交代出場
MF
8 土居聖真 5.5(74分IN)
左MFでプレー。幅広く動きながら要所でプレーに絡み、攻撃を活性化。しかし期待された働きは示せなかった。
 
DF
16 山本脩斗 ―(82分IN)
左SBで途中出場。精力的なオーバーラップで攻撃をサポートしたが、決定的な仕事には絡むことができなかった。
 
FW
19 山口一真 ―(85分IN)
中盤右サイドに入る。インターセプトから前に持ち運ぶプレーで会場を沸かせたほか、思い切り良くシュートを放つも、ネットは揺らせなかった。
 
監督
大岩 剛 5.5
1-1に追いつかれてすぐに土居を投入し、途中出場させた山口も積極的にゴールを狙ったが、あと一歩が及ばず、勝利に導けなかった。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
 

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索