「職も金もなく、政治家は私腹を肥やす。でも今日だけは…」快挙に沸くクロアチア国民は英雄たちに涙【ロシアW杯】

「職も金もなく、政治家は私腹を肥やす。でも今日だけは…」快挙に沸くクロアチア国民は英雄たちに涙【ロシアW杯】


 7月11日のロシア・ワールドカップ準決勝で、クロアチアは延長戦の末にイングランドを2-1と下し、史上初となる決勝進出を果たした。

 決勝トーナメント1回戦から3ラウンド続けて120分を戦う死闘を経て、クロアチアの「黄金世代」は、初出場でベスト4にたどり着いた1998年大会の英雄たちを上回る快挙を成し遂げた。当然、母国は歴史的な夜に沸いた。その様子を英公共放送『BBC』が現地レポートで伝えている。

 サッカーの母国イングランドでは、「Football,it's coming home(フットボールよ、母国に帰ってこい)」の合言葉でスリーライオンズ(同代表の愛称)にファイナル進出を呼び掛けていた。だが、そのクロアチアがその夢を打ち砕き、あるファンは、「イングランドは家に帰り、我々はファイナルに進む。小国だけど、私たちはサッカーができる」と喜びを露にした。

 そして、別のサポーターは、「我々の勝利を誰も予想していなかった」と泣きながら喜んだ。

「イングランドのメディアはずっと我々をからかっていた。我々にはチャンスがない、と。でも、クロアチアはピッチでクオリティーが勝っていることを示したんだ。すべての試合で選手たちは100%を尽くして戦った。我々にとってのすべてだ」。
 
 クロアチアは人口400万人強の小国だ。それだけに、あるファンは、「クロアチアの人々は誇りに思っている。我々は勝てると示したんだ。小国にとってはより大事なことだよ」と述べている。

また、「国民にとって逃げ道になった」というサポーターもいる。国の問題を一瞬でも忘れさせてくれる夜になったということだ。

「職も金もない。政治家は私腹を肥やす。でも、今夜はみんな幸せだ。少しの間、問題を忘れさせてくれる」

 クロアチアの政治や治安に関する様々な問題はサッカー界に波及している。それだけに、「大会後は不正について話さなければいけない」と指摘するファンもいる。だが、その人は、「それは今日じゃない」ともつけ加えた。

「今日は、クロアチア代表のことを話すほうが大事だ」

 ここまで来た以上は、目指すは初の栄光しかない。1998年、偉大なる先人たちが屈したフランスとの決勝で、クロアチアは史上9番目のW杯優勝国となることができるだろうか。


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索