【J1採点&寸評】仙台4−1湘南|関口訓充が圧倒的な存在感!移籍後初得点のハーフナーも高評価

【J1採点&寸評】仙台4−1湘南|関口訓充が圧倒的な存在感!移籍後初得点のハーフナーも高評価


[J1リーグ22節]仙台4-1湘南/8月15日/ユアスタ
 
【チーム採点・寸評】
仙台 6.5
試合の入りは良くなかったが、冷静に相手の出方を見極められるようになると、空いたスペースを突いて得点を重ねることに成功。後半相手の布陣変更にも的確に修正し、4か月半ぶりホーム勝利。
 
【仙台|採点・寸評】 
GK
1 シュミット・ダニエル 6.5
先制点は許したものの、その後はファインセーブを連発。前線へのフィードも攻撃の起点となっており、攻守で勝利に貢献した。

DF
13 平岡康裕 7
守備で身体を張ったプレーを見せただけでなく、攻撃参加により相手守備陣を混乱させた。後半に正確なクロスでハーフナーのゴールをアシストした。
 
27 大岩一貴 6.5
序盤は相手の攻勢に押されたが、落ち着きを取り戻した後は長身FW山﨑との競り合いにも勝ち、クロスボールやロングボールをしっかり撥ね返した。
 
34 椎橋慧也 6.5
横浜戦の反省を活かして粘り強く守備対応。左WBとの関口とも良い連係を見せ、前線への正確なパスなどで攻撃面でも活躍を見せた。
 
MF
17 富田晋伍 6.5
相手以上の球際の強さを見せ、中盤の守備の安定に寄与しただけでなく、ゴール前まで顔を出しシュートを放つなど、攻撃参加もできていた。
 
7 奥埜博亮 6.5
ボールの取りどころをしっかり定め、球際勝負に負けなかったことでチームにリズムを与えた。試合終盤のカウンターからのシュートは決めたかった。
 
4 蜂須賀孝治 6.5
前半は守備のバランスを取っていたが、後半相手の布陣が変わると積極的に攻撃に出て3点目の起点となり、CKから4点目を決めた。
 
40 関口訓充 7(75分OUT)
MAN OF THE MATCH
クリアミスがオウンゴールになったが、直後に自身のゴールで同点に追いつき、西村の逆転ゴールもアシスト。独特のリズムのドリブルで湘南守備陣を翻弄し、圧倒的な存在感を見せた。
 
FW
11 石原直樹 6(83分OUT)
シュートは0本に終わったが、中盤や時には最終ラインまで下がって守備に参加し、精度の高いパスで決定機を作ってチームに貢献した。
 
30 西村拓真 6.5
関口のクロスを受けてトラップして反転し、意表を突くタイミングでのシュートは「新しい自分を見つけた」と自画自賛。逆転弾は今季10ゴール目となった。後半に決定機を2回外したのが残念。
 
41 ハーフナー・マイク 6.5(65分OUT)
前半から身体を張ったプレーで相手の脅威となり、平岡のクロスから試合の流れを決定付けるヘディングで移籍後初ゴール。周囲との連係はどんどん良くなっている。
 
交代出場
MF
23 中野嘉大 6(65分IN)
インサイドハーフに入り、ドリブル突破から決定機は作れていたが、ゴールには絡めなかった。
 
DF
2 永戸勝也 6.5(75分IN)
関口に代わって左WBへ。クロスボールから決定機を作り、4点目はファーサイドを狙った精度の高いCKで蜂須賀のシュートをアシストした。
 
33 常田克人 −(83分IN)
出場時間は短かったが、守備固めでの投入という意図を理解し、相手の攻撃を冷静に撥ね返した。
 
監督
渡邉 晋 6.5
相手のウィークポイントを丁寧に突き、約4か月半ぶりのホーム勝利。相手の布陣変更にも適切な修正をして、最少失点で抑えた。
 
【チーム採点・寸評】
湘南 5
前後半の立ち上がりは湘南らしい勢いがあり、先制にも成功したが、相手が慣れてくると前のめりになった背後や空いたスペースを使われ失点を重ねた。後半は4バックへ変更し10本のシュートを放つも、ことごとく枠をそれた。
 
【湘南|採点・寸評】 
GK
1 秋元陽太 5
シュートへの反応が遅れ、守備陣を適切に動かしてピンチを防ぐことができず。4失点を喫した。
 
DF
36 岡本拓也 5.5
前掛かりになった背後のスペースを突かれる場面が目立った。後半立ち上がりのシュートは決めておきたかった。
 
20 坂 圭祐 5
前半に西村にマークを外されて逆転ゴールを許した。ハーフナーへの対応にも苦慮し、最終ラインを押し上げられなかった。
 
13 山根視来 5
守備で後手を踏むことが多く、ハーフナーに競り負けて3失点目に直接絡んだ。後半は4バックに変わったこともあり、前半に何度か見せた攻撃参加ができなくなった。
 
MF
14 藤田征也 4.5(HT OUT)
15分には対面の関口のドリブルを止められず失点に絡み、その後も関口に翻弄され続け、何度も相手に決定機を作られた。後半の布陣を変更したこともあり、ハーフタイムで交代。
 
16 齊藤未月 5
前半は関口にかわされてクロスを上げられ、後半も蜂須賀を止めきれずに平岡のクロスにつながり2失点に絡んだ。前へ行く姿勢は見せたが、守備のバランスを崩してしまった。
 
10 秋野央樹 5.5
後半最初のビッグチャンスだった小川のクロスを受けてのシュートが枠を外れた。守備で貢献し、攻撃でも前への意識は高かったが、決定機を作り出すには至らなかった。
 
11 高橋 諒 5
立ち上がりこそ積極的な縦突破が目立っていたが、対面の蜂須賀が守備で修正してくると、良さを出せず。時間が経つにつれて存在感が薄れていった。
 
FW
2 菊地俊介 5.5(61分OUT)
序盤は激しいプレスが効き、オウンゴールを誘発したが、プレスをかわされるようになると、攻撃でも存在感を失って後半途中で交代。
 
38 山﨑凌吾 5.5
前半は体格を活かしたボールキープで存在感を見せ、先制点の場面ではロングスローを足下に収めて菊地にパスをつないだ。しかし時間が経つごとに大岩に競り合いで負ける場面が目立っていった。
 
7 梅崎 司 5.5(HT OUT)
試合の立ち上がりは技術の高さを活かして、決定機に絡んでいたが、守勢に立たされるとトーンダウン。後半開始時に戦術変更した影響を受けてピッチを去った。
 
交代出場
FW
50 小川慶治朗 5(HT IN)
後半立ち上がりからの投入で、縦突破からのクロスで決定機を作り出したが、その後は良いポジションを取れずに沈黙した。
 
18 松田天馬 5(HT IN)
後半頭からの投入で、中盤の位置からゴール前に飛び出して決定機を作り出そうとしていたが、ゴールにつながるプレーは見せられなかった。
 
27 鈴木国友 5(61分IN)
後半途中からの投入で、体格を活かしたプレーを見せ、シュートも1本放ったが、決定機にはほとんど絡めなかった。
 
監督
曺 貴裁 5
先制に成功したが、相手に背後のスペースを突かれた時の修正がうまくいかなかった。後半に4バックへ変更する奇策も見せたが不発に終わった。

取材・文●小林健志(フリーライター)


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索