【J1採点&寸評】横浜1−2名古屋|4戦連発のジョーがMOM!横浜ではゴラッソを決めた松原を…

【J1採点&寸評】横浜1−2名古屋|4戦連発のジョーがMOM!横浜ではゴラッソを決めた松原を…


[J1リーグ22節]横浜1−2名古屋/8月15日/日産ス
 
【チーム採点・寸評】
横浜 5.5
今季初めて3バックを採用したが、攻撃面で大きな変化は見られなかった。むしろ急なシステム変更による戸惑いがあり、攻撃が手詰まりになる場面もしばしば。松原のファインゴールが生まれたものの、攻撃の形を作れたとは言い難い。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 5.5
全体を通して判断良い飛び出しでピンチの芽を摘み、チームに安定をもたらす。2失点目は反応できていたが弾き切れず。
 
DF
27 松原 健 6.5
目の覚めるような痛快ミドルを叩き込んだ。システム変更によって高い位置で攻撃に絡み、ゴールという結果を出した。
 
4 栗原勇蔵 5.5
今季初出場ながら得意とする空中戦で抜群の存在感を発揮。それだけに2失点した場面での対応が悔やまれる。
 
22 中澤佑二 5.5
前へ出たにも関わらず、ジョーを潰し切れない場面が散見された。3バックのライン統率は無難にこなした。
 
2 ドゥシャン 5.5
被カウンター時に勇気を持って戦い、ファウルになってでも止めた。最後はパワープレー気味に上がったが成果を残せず。
 
MF
5 喜田拓也 5.5
守備から攻撃に切り替わった瞬間、中盤の底から長い距離を走って受け手となる。しかしミドルシュートを枠に飛ばせず。
 
6 扇原貴宏 5.5
自陣からのボールポゼッションの中心を担い、得意のサイドチェンジで局面打開。何度か危ない失い方もあった。
 
24 山中亮輔 5.5
ウイングバックにポジションを変えて攻撃に顔を出す回数が増えたが、味方との呼吸も含めたクロス精度がいまひとつ。

FW
38 山田康太 6(73分OUT)
2シャドーの一角に入って積極的なプレーを見せた。シュートにも意欲的で、際どいシュートを放ってスタンドを沸かせた。
 
7 ウーゴ・ヴィエイラ 5(73分OUT)
この日はゴール前で決定的なチャンスに恵まれず。ゴールから遠いエリアでタッチ数が増えても、特長を発揮できない。
 
14 天野 純 5.5(90+1分OUT)
山田とともに攻撃の中心となり、ペナルティエリア内に入り込んでシュートを放つ。直接FKは不発に終わった。
 
交代出場
FW
9 大津祐樹 5.5(73分IN)
攻撃を活性化させる狙いで投入されたが決定機に絡めず。ベンチスタートが続く状況だけに結果がほしかった。
 
16 伊藤 翔 5.5(73分IN)
相手の背後を狙うランニングはオフサイドの判定に。攻撃を組み立てる意味でもう少し長い時間ピッチに立っていれば……。
 
20 オリヴィエ・ブマル −(90+1分IN)
前日まで山田と先発の座を争っていたがベンチスタートに。出場時間が短く、目に見える結果を残すのは難しかった。
 
監督
アンジェ・ポステコグルー 5
結果的にシステム変更は実らず、相手により多くのゴールを奪われた。被カウンター時の脆さが致命傷になっている。
 
 ※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
名古屋 6
開始早々にカウンターからジョーが決めて先制。しかし、その後は中途半端な守備で横浜にポゼッションを許した。相手の拙攻にも助けられて1失点でしのぎ、最後は再びジョーが得点能力を発揮。優れたストライカーの存在感だけが際立った。
 
【名古屋|採点・寸評】
GK
22 ランゲラック 6
クロスに対して守備範囲広く守り、キャッチングも安定していた。しかし相手のスーパーミドルには一歩も動けずにお手上げ。
 
DF
6 宮原和也 6
山中との1対1は見応えあり。しっかりとした身体の向きを作って応対することで、ドリブルする相手からボールを絡め取る。
 
20 中谷進之介 6
自陣ゴール前に入ってくるボールに集中力高く対応。丸山とのチャレンジ&カバーも無難にこなし、及第点の出来を見せた。
 
17 丸山祐市 6
H・ヴィエイラの切り返しに慌てることなく対処。サイドからの難しいクロスボールにも的確に身体を投げ出した。
 
31 金井貢史 5.5
元チームメイトの松原を知っているがゆえにシュートコースを空けてしまった。攻撃では前半の決定機を決め切れず。
 
MF
25 前田直輝 6(69分OUT)
古巣相手にのびのびとしたプレーを披露。得意のドリブルではルーレットを試みるなど、スペースがある場面でキレを見せた。
 
4 小林裕紀 5.5
前半の負傷が影響したのか、やや精彩を欠いた。それでも全体のバランスを考えたポジショニングでチームを引き締める。
 
15 エドゥアルド・ネット 6
シンプルな散らしに加えて、得点につながった鋭い縦パスで攻撃のアクセントに。ただし球際の攻防で熱くなるシーンも。
 
28 玉田圭司 6(66分OUT)
スキルフルなプレーは健在。スタートポジションこそサイドだが、ピッチを縦横無尽に動き回って攻撃のリズムを作り出す。

FW
7 ジョー 7
パワフルなポストプレーで横浜守備陣をきりきり舞いさせ、ゴール前での決定的なチャンスを2回ともしっかり決めた。
 
10 ガブリエル・シャビエル 6(90+5分OUT)
コース取りとボールの置き所に優れたドリブルランからチャンスメーク。後半立ち上がりの決定機逸が残念だった。
 
交代出場
DF
29 和泉竜司 5.5(66分IN)
スキルの高さを見せる場面は少なく、チームの潤滑油となるパス&ランが多かった。好調なチームの流れに乗りたいところ。
 
MF
47 相馬勇紀 6(69分IN)
果敢な縦突破からジョーの決勝点をお膳立て。交代出場ながら思い切りの良いプレーを見せ、チームに勝点3をもたらす。
 
21 八反田康平 −(90+5分IN)
チームが2−1と勝ち越した後半アディショナルタイムにピッチへ。個人としてなにかができる残り分数ではなかった。
 
監督
風間八宏 5.5
ディフェンス時に危ない場面も多かったが選手がなんとかしのぎ、前線の個の能力を生かしたオフェンスで寄り切り勝ち。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●藤井雅彦(ジャーナリスト)
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索