【浦和】36才のチームリーダーはやっぱり凄かった!槙野が痛感した圧倒的な阿部勇樹の存在感

【浦和】36才のチームリーダーはやっぱり凄かった!槙野が痛感した圧倒的な阿部勇樹の存在感


[J1リーグ22節]浦和4−0磐田/8月15日/埼玉スタジアム2002

 2試合連続で無得点に終わっていた浦和が4ゴールを奪い、3試合ぶりの勝利を挙げた。
 
 8月15日に行なわれたJ1リーグ22節の磐田戦。浦和は序盤からファブリシオと武藤雄樹を軸に攻め立て、統率の取れた守備組織をベースに相手のアタックを封じていく。

 前半こそスコアレスで終えたが、後半にファブリシオが爆発。自身J初のハットトリックを達成する活躍ぶりで、チームに勝点3をもたらした。
 
 スコアだけを見れば、攻撃陣が本領を発揮して掴んだ勝利のように見える。しかし、その快勝劇を呼び込んだのも守備陣の奮戦があってこそだ。
 
 試合後にチームの3点目を奪った槙野智章はこう話した。
 
「阿部選手が真ん中に入ることで、マウリシオ選手との大きな違いというのは人への強さももちろんありますが、なによりもラインの上げ下げによって全体をコンパクトにできること。それにより、中盤を押し上げ、セカンドボールを拾える。中盤の選手が相手の中盤にプレッシャーを掛けに行くことが、ここ数試合できていなかった。今日は阿部選手がコントロールをしてくれたので、それができたと思います」
 
 ロシア・ワールドカップにも参戦した守備者は、改めて阿部勇樹の存在感に驚かされたというのだ。
 
 この試合で3バックの中央に配置された阿部は、序盤からベテランらしい老練なプレーを見せる。的確な指示出しで守備陣を統率し、ビルドアップでは正確なパスで攻撃を下支えした。そして、なにより凄かったのは、槙野が振り返ったように的確なラインコントロールである。

 両脇に従えた岩波拓也と槙野を巧みに操り、最前線と最後尾の距離感を調整。相手を監視しながら、状況に応じて最終ラインを押し上げていく。常にコンパクトな陣形を保つべく、経験に裏打ちされた立ち振る舞いは見事だった。

 36才のチームリーダーは大ベテランの域に差し掛かり、フル稼働するのは厳しくなっているかもしれない。今季も15試合に出場しているが、先発出場は前節まで僅かに6試合。この磐田戦は11試合ぶりとなるスタメン起用だった。そうした状況でも難なく任務を遂行する阿部は、まだまだチームに不可欠な人材だと言えるだろう。
 マウリシオが出場停止だったため、阿部が先発出場した今節。気になるのは今後の起用法だ。その助っ人DFが戻ってくる清水戦で、36才のチームリーダーは先発に名を連ねるのか。

「岩波選手も自分も阿部選手にコントロールされながら、ラインを上げることで相手FWが嫌がることをできた。これは自分たちが上に行くために必要なポイントになる」と槙野が話したように、阿部の存在はチームにプラスに働いた。その事実を考えれば、再び3バックの中央に入っていてもなんら不思議ではない。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索