フットサル日本代表がアジアの絶対王者イランと敵地で3-3ドロー! 善戦の原動力となった魅惑のドリブラーに話を訊いた

フットサル日本代表がアジアの絶対王者イランと敵地で3-3ドロー! 善戦の原動力となった魅惑のドリブラーに話を訊いた


 今年2月、台湾で行なわれたフットサルアジア選手権。アジア王者を決する大会の決勝で、フットサル日本代表は“絶対王者”イラン代表に0-4で敗れ散った。完敗だった。
 
 その大会中、ブルーノ・ガルシア日本代表監督は、王者とのアウェーでの再戦を熱望していたという。
 
 FIFAが定める国際Aマッチデーがサッカーカレンダーにあるように、フットサルにも同様に存在する。日本代表は今回、その期間に行なわれた「クアドゥラングラール国際フットサルトーナメント」に招待参加した。
 
 イラン北西に位置する人口140万人都市・タブリーズでの開催。日本からのアクセスが非常に悪いこの街へ、極めて過密な日程を承知の上で参戦したのには、ガルシア監督の強い思いがあったからこそだろう。
 
 日本代表は9月21日に千葉県内での練習を経て日本を発ち、初戦前日の同22日夕方に現地入り。26日までの4日間で3試合を戦った。また復路は、テヘラン、ドーハ経由で東京へ着いたのが同27日深夜。
 
 日本代表といえども移動はエコノミークラスを利用、恵まれたサッカー日本代表とは異なる。コック帯同などもってのほかで、立場関係なくチーム全員で荷物を運ぶのは当たり前なのだ。選手の体調管理ひとつとっても相当な苦労が想像できるのだが、それもこれもすべて普段通りと遠征を決行したガルシア監督の“打倒イラン”への相当な決意の表われであろう。
 
 大会には、ホスト国・イラン代表のほか、ウクライナ代表、ベラルーシ代表も参加。日本代表よりもランキング上位国を含む力の拮抗した4か国が総当たりで相まみえた。
 
 そしてこの大会、日本代表は2分け1敗の3位という戦績だった。なかでも注目されたのは、言わずもがなイラン代表戦だった。
 
 スコアは3-3。先手を取られては追い付く展開のなか、イラン代表相手に見せた日本代表の粘り強さは、間違いなく彼らの経験値として上積みされたに違いない。
 
 そして今大会、筆者の心をくすぐった選手がいた。FP加藤未渚実(シュライカー大阪)である。
 
 チーム戦術に重きを置く日本代表のなかで、個の局面で自ら相手の守備網を打破できる貴重な選手のひとりだ。遠征中、彼の特徴が光った場面が幾度となくあった。
 
 帰国後、休む間もなく所属チームへ戻り、週末のリーグ戦を戦った日本代表の戦士たち。どうしてもイラン遠征の話が聞きたくて、加藤の出場したFリーグ会場へと向かった。
 
――“過酷な”イラン遠征、お疲れさまでした。
「確かに往復の移動は大変でしたが、宿泊したホテルは5スター、食事は品数も揃っていて美味しく、心配なかったですよ。日本から自ら持参したお米や味噌汁に手を付けなかったぐらいですから」
 
――なるほど。ではプレー面で意識したことは?
「標高が高い街だったので、呼吸系に影響があるかなと思っていましたが意外となくて。気持ち良くプレーできました」
 
――試合をネットLIVEで観ていました。タッチラインを背に、強堅な相手を剥そうとするプレーは、観る人に高揚感を与えてくれたように思います。
「それは私の持ち味であり、監督からも絶えず仕掛けを意識するように言われているんです」
 
――イラン戦後の公式コメントでは、『個人としての1対1での仕掛けに自信を持つことができている』という頼もしい声も目にしました。
「(今まで呼ばれた代表活動の中で)ベトナム代表、ウズベキスタン代表、アルゼンチン代表、フランス代表、そして今回の3か国とやってみて、大きくて速い世界の相手に対しても、自分のフェイントや晒す部分で、何が通用して何が通用しなかったのか分かってきているんです。反省も踏まえて今後に活かしていきたいと思っています」
 
 イランでのあれこれを飄々と話してくれた25歳の姿に、どこか逞しさが感じられた。
 
 加藤未渚実(かとうみなみ)。響きだけなら女性アイドルのようだが、切れ味鋭いプレーに可愛さは微塵も感じられない。彼の代表定着と、一層の輝きを期待せずにいられない。日本代表が“絶対王者”から亜冠を奪い取るためにも。
 
取材・文:佐々木裕介
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索