「モドリッチに感銘を受けたんだ」38歳の玉田圭司がプロ20年目の進化を遂げた背景

「モドリッチに感銘を受けたんだ」38歳の玉田圭司がプロ20年目の進化を遂げた背景


 プロ20年目を迎え、“成人”したとでも言うのだろうか。玉田圭司は、新境地へと向かおうとしている。
 
 ドリブラーでありゲームメーカー。得点もアシストもFKもなんでもこなす攻撃のスペシャリストが、現在見つめているのはハードワークの重要性だ。必要とあらば守備に身体を張り、自陣の危険なスペースを消して回る玉田の姿を見るなんて、肉弾戦の多いJ2で過ごした昨季ですら想像できなかった。
 
「(ロシア・)ワールドカップを見て、特にモドリッチとか一番上手い選手があんなに頑張るんだってことに感銘を受けたんだよね。俺がそういう見方をできたということは、サッカーの感覚が変わってきたということだと思うし、続けていきたい」
 
 8月26日、J1・24節の浦和戦で玉田はとにかくサイドで守備をこなした。左SBの金井貢史の攻撃参加はもはやチームに欠かせぬ武器となっており、その代償として左サイドの裏には広大なスペースが空く。
 
 しかしそこを突かれなかったのは、玉田がきっちりカバーしていたからだった。自陣の深い位置で巧みにパスコースを切り、クロスに身体を投げ出してカットする。「あれはタマさんの経験のなせる業」と佐藤寿人は舌を巻いたが、そもそも玉田が守備に精を出すこと自体が異例。そこで試合後に質問したところ、前述のセリフが飛び出したというわけだ。
 
 成長や進化を望まない選手はいないが、長くキャリアを歩むほど、未開の地を開拓しようとする勇気はしぼんでいく。しかし、ワールドカップ2大会に出場し、かつては攻撃の権化のようだった38歳の大ベテランは自身のプレースタイルを変えようとしているのだ。そんな玉田はこともなげに「自分がチームの潤滑油みたいになれれば良い」とも話す。
 
 得点に関わる仕事は彼の生きがいだ。そこに少しの揺らぎもない。ただ視野はどんどん広がっている。
「以前は自分が点を取る、アシストをする。それをまず考えていたけど、今はそこまでの過程がどうしたら上手くいくのかを考えている」
 
 最終的なスコアラーが自分であればベストだが、そうでなくとも満足感は得られる。フィールドプレーヤーの最年長が利他的な姿勢を見せれば周囲は刺激を受ける。現に「タマさんが守備ですごく頑張ってくれるので、僕が上がれるんです」と金井は口にする。 “N(なぜ)S(そこに)K(金井が)”という言葉があるが、「玉田がそこに行かせているから」と考えることはできる。
 
 さらにピッチ外での存在感も大きい。19歳の大垣勇樹を誘ってカフェに行き、20歳の深堀隼平のプロA契約を祝って食事会を開くなど普段は良き兄貴分として立ち回る。ただチームに対して苦言を呈さねばならない時には臆さず口を開く。
 
 連勝が7で止まった26節の長崎戦の後には「自分たちがそこまで強くないってことを証明してくれたんじゃない?」と指摘。連勝で慢心が生まれていたチームに奮起を求めた。
 
 かつて自分のプレーで周囲を動かしていた“王様”は、自分の力をチームのために使う“リーダー”になった。その影響力は、今後も増しそうだ。
 
取材・文●今井雄一朗(フリーライター)
 
■プロフィール
PROFILE
たまだ・けいじ/1980年4月11日生まれ、千葉県出身。173㌢・68㌔。入船SSC―市川カネヅカSC―習志野高―柏―名古屋―C大阪―名古屋。J1通算357試合・98得点。J2通算85試合・19得点。日本代表通算72試合・16得点。プロ20年目を迎えた円熟のテクニシャン。若手たちの良い見本となっている。

※『サッカーダイジェスト』10月11日号(9月27日発売)より転載


関連ニュースをもっと見る

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索