【選手権/女子】出場全32校が出揃う! 平成最後の“冬の女王”に輝くのはどこだ!?

【選手権/女子】出場全32校が出揃う! 平成最後の“冬の女王”に輝くのはどこだ!?


 男子と同様、女子も冬の選手権に出場する全32チームが確定した。

 11月18日、第27回全日本高校女子サッカー大会の各地域予選が最終日を迎え、関東と東海で最後の4枠が決まり、全出場校が出揃った。

 修徳の優勝に終わった関東予選は、ファイナルチケットを懸けて鹿島学園(茨城)と宇都宮文星女子(栃木)が7・8位決定戦で激突。これを前者が1−0で制して、嬉しい選手権初出場を決めた。

 東海予選では前年度の女王、藤枝順心が仕上がりの良さを示した。聖カピタニオ女子との決勝を延長戦の末に1−0でモノにして優勝。選手権連覇に向けて視界は良好だ。注目の3位決定戦は磐田東(静岡)と豊川(愛知)の顔合わせに。この一発勝負は磐田東に軍配が上がり、東海の出場3枠が埋まった。

 そのほか関西予選は大商学園が日ノ本学園を1−0で下して戴冠。3位には、京都精華を破った神戸弘陵が滑り込んでいる。


 
 本大会出場が決まった全32校は以下のとおり。組み分け抽選会は11月23日に開催される。

第27回全日本高等学校女子サッカー選手権出場校一覧

【北海道】(2枠)
★北海道文教大明清(27年連続27回目の出場)
★北海道大谷室蘭(11年連続13回目の出場)

【東北】(3枠)
★常盤木学園(宮城/21年連続21回目の出場)
★聖和学園(宮城/27年連続27回目の出場)
★専大北上(岩手/3年連続3回目の出場)

【関東】(7枠)
★修徳(東京/9年連続9回目の出場)
★十文字(東京/4年連続13回目の出場)
★星槎国際湘南(神奈川/5年連続5回目の出場)
★花咲徳栄(埼玉/3年連続3回目の出場)
★日本航空(山梨/3年連続10回目の出場)
★前橋育英(群馬/5年連続5回目の出場)
★鹿島学園(茨城/初出場)

【北信越】(3枠)
★帝京長岡(新潟/初出場)
★福井工大福井(福井/15年連続15回目の出場)
★開志学園JSC(新潟/6年連続6回目の出場)

【東海】(3枠)
★藤枝順心(静岡/15年連続15回目の出場)
★聖カピタニオ女子(愛知/3年連続8回目の出場)
★磐田東(静岡/2年ぶり6回目の出場)

【関西】(4枠+1枠)
★大商学園(大阪/11年連続11回目の出場)
★日ノ本学園(兵庫/18年連続20回目の出場)
★神戸弘陵(兵庫/4年連続4回目の出場)
★京都精華(京都/3年ぶり5回目の出場)
★播磨(兵庫=開催県枠/初出場)

【中国】(3枠)
★作陽(岡山/11年連続11回目の出場)
★広島文教女子大附(広島/13年連続13回目の出場)
★松江商(島根/初出場)

【四国】(2枠)
鳴門渦潮(7年連続7回目の出場)
四国学院大香川西(3年連続3回目の出場)

【九州】(4枠)
★神村学園(鹿児島/25年連続25回目の出場)
★秀岳館(熊本/2年連続2回目の出場)
★東海大福岡(2年連続3回目の出場)
★筑陽学園(福岡/初出場)
※日程は変更になる場合があります。


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索