「ワールドカップでもしていたので」柴崎岳が“パサー”としてキルギス戦の両SBを評価

「ワールドカップでもしていたので」柴崎岳が“パサー”としてキルギス戦の両SBを評価


 11月20日、日本代表がキルギス代表に4-0で快勝した。16日のベネズエラ戦からスタメンを全員入れ替えて臨んだ前半は、代表デビュー戦となった山中亮輔が開始早々にネットを揺らし、19分に原口元気もFKでゴール。後半は途中で交代カードを切りながら時間を進め、大迫勇也と中島翔哉が得点を決めて試合を終えた。
 
 前半、ベンチで戦況を見守っていた柴崎岳だが、ゴールラッシュの口火を切った山中について、右SBの室屋成も含めながら、次のように見ていたと話す。
 
「今日の成にしろ、山中にしろ、相手のディフェンスラインをタイミング良く抜けていってくれるので、そこに何とか通したいなとは前半から思っていました。両選手ともスピードのある選手ですし」
 
 たしかに、60分から途中出場した柴崎は、山中の動き出しを狙っているのが垣間見えた。実際に72分、中央でパスを受けてトラップした瞬間に山中の裏への走りをキャッチし、スルーパスを出した。これは惜しくも相手DFにカットされたものの、セカンドボールを拾った守田英正から北川航也、最後は大迫へつなぎ、3点目が生まれている。

 そして、試合を終えた後、柴崎は両SBの印象について、ロシア・ワールドカップを回想しながらこう語った。
 
「ワールドカップでも長友(佑都)選手や酒井(宏樹)選手がしていたような動きを何回かしていたので、パサーとしてそこらへんはすごくやり易いなという印象です。中で組み立てる時間は多かったですけど、そういった崩しもひとつ持っておかないと。攻撃の幅としては選択肢のひとつではあると思っています」
 
 振り返ればロシア・ワールドカップでは、セネガル戦の乾貴士の得点前のように、柴崎のフィードから長友が上手く左サイドの裏を突く場面もあった。
 
 そして、11月シリーズは負傷の影響もあって招集が見送られた長友に代わり、代表デビューを果たしてゴールも決めた山中。“パサー”柴崎の評価で判断するならば、ワールドカップ戦士に追随するだけの能力はあるのかもしれない。

【日本代表PHOTO】日本4-0キルギス|森保ジャパンが4発快勝! ゴールラッシュで2018年を締めくくる!
 
【日本代表PHOTO】日本対キルギスの美女サポーターたち!
 
【山中亮輔PHOTO】代表デビュー戦、ファストシュートで初得点の山中亮輔に注目!
 


関連ニュースをもっと見る

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索