【選手権】上級生とも"タメ語"が普通。帝京長岡がピッチ内外で築く「家族」としての信頼関係

【選手権】上級生とも


[高校選手権・3回戦]帝京長岡2−1長崎総科大附/1月3日/浦和駒場
 
「家族ですかね。ずっと一緒にいるし、『仲間』というよりそんな感じです」
 
 FW晴山岬は、帝京長岡高校サッカー部をそんな言葉で形容する。地元の長岡ジュニアユースFC出身者が多く、昔からの顔なじみばかりというのも大きいだろうし、そもそも長岡ジュニアユースが「上下関係とか全然ない」(DF小泉善人)気風である影響も大きい。
 
 2年生たちは3年生の先輩を普通に呼び捨てにしているし、“タメ語”である。「中には敬語を使う選手もいる」(MF田中克幸)という感じなので、別に「敬語を使うな」と言われているわけでもない。ナチュラルである。遠く岡山県からやって来た田中などは当初、そんなフレンドリーな雰囲気に大いに戸惑ったと話す。だが、今では3年生を「むしろイジる側」になっているそうだ。「それで(3年生が)怒ってきたりもしないし、何でも話せる関係になってきた」と言う。
 
 主将の小泉は「どちらが先輩なのか分からない関係です」と笑いつつ、風通しの良いチームであることをポジティブに捉えてきた。下級生を押さえつけたりはしないし、それで押さえられるとも思っていないようだ。古沢徹監督が「3年生たちが2年生を伸び伸びやらせてくれているのが大きい」と分析する、独特のムードが作られている。
 
 長岡ジュニアユースFCは帝京長岡と日本サッカー協会のクラブ申請の制度を利用する形で繋がっており、中学生の内から高校年代のリーグ戦へ出場してきた選手が少なくない。中にはMF谷内田哲平のように、中学生ながら高校のレギュラーとしてシーズンを戦った選手までいる。
 
 中高一貫の体制を作っている高校自体は珍しくないが、リーグ戦まで使って下の世代を育てているチームとなると、そう多くはないだろう。それもこれも、上下関係を作らない「家族」の気風があるからこそ、できることだ。もちろん、そうした起用に応えられる実力もあっての話だが、それでもこれが普通の高校ならば、「なんで選手権に出られもしない中学生を出すんだ⁉」という声が出てきてしまうに違いない。だが、帝京長岡では「弟が出てるなあ」みたいな話である。
 
 ピッチ上に描くサッカーも特長的だ。雪国であることを逆手にとり、特にジュニアユース年代では体育館で行なうフットサルに力を入れて強化してきた。3〜4人の関係性を絡めつつ、確かな技巧で切り崩していく技術・戦術は特筆モノである。そして、そうしたグループでの攻守の妙は、ピッチ内外での「家族」としての信頼関係に裏打ちされたものなのだ。
 
取材・文●川端暁彦(フリーライター)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索