【選手権】PKキッカーの5人目を託された青森山田の注目1年生。名将・黒田剛監督も称賛した大器はなにが凄いのか

【選手権】PKキッカーの5人目を託された青森山田の注目1年生。名将・黒田剛監督も称賛した大器はなにが凄いのか


[高校選手権・準決勝]青森山田 3(4PK2)3 尚志/1月12日/埼玉

 青森山田の将来を担うであろう大器にとって、可能性を示す時間は10分で十分だった。1月12日に行なわれた高校サッカー選手権の準決勝で、青森山田は尚志と対戦。2−3で迎えた後半42分に小松慧(3年)のゴールで試合を振り出しに戻し、最後はPK戦で勝負に蹴りを付けた一戦で同35分に期待の1年生MF藤原優大をピッチに送り込んだ。

 シャドーの位置に入った17番は勇猛に仕掛け、球際の戦いでも一切怯まない。準決勝の大舞台で見せた立ち振る舞いは実に堂々としており、まるでルーキーとは思えないパフォーマンスだった。

 最終盤には192センチの大型CB三國ケネディエたブス(3年)を最前線に上げたため、最終ラインに配置転換。普通の1年生であれば、慌てふためいてもおかしくないが、ここでも冷静なプレーを見せて大器と言われる片鱗を見せた。
 
 ただ、これで終わらないからこそ、藤原は1年生でピッチに立っているのだろう。迎えたPK戦ではなんと勝負を決める5本目を任されたのだ。決めれば勝利が確定する状況でペナルティスポットに向かうと、迷わず右足を一閃。「PKもどこから来るか分からなかったけど自信があった」という藤原はきっちりネットを揺らし、チームの勝利に貢献した。この姿に多くのJリーガーを育ててきた青森山田の黒田剛監督も思わず唸り、「最後は1年生の藤原優大が冷静に決めていたので、無尽蔵、頼りになる1年生だなと思います」と称賛。今後の成長がますます楽しみになる出来だった。
 
 トップ下からCBまでハイレベルに務めるだけでなく、強心臓ぶりまで見せた藤原。では、なぜこれほどまでに活躍ができるのか。その理由は周到な準備が行なっているからだ。
 
 試合前日、藤原は様々な場面を想定していたという。
 
「PKの順番は前から決まっていて、昨日の夜も自分でPKがあるかもしれないというのを想定したうえで気持ちの面で準備をしていた。途中でピッチに入った時も最初はシャドーに入った後にCBへ入りましたが、やることの整理ができていて結構冷静だった。それは昨日の夜に色んなことを想定して考えていたからで、ケネさん(三國)を上げてパワープレーする場合は自分が競り合いに行って、(自陣)ゴール前のクロスに飛び込もうと思っていました」
 
 試合前に驚くほど冷静に状況を整理していたからこそ、大舞台でも動じずに任務を遂行できた。「いろんな状況に対応できるのは自分の特徴」と涼しい顔で言い切った1年生は、決勝の舞台でどんなプレーを見せるのだろうか。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索