【小宮良之の日本サッカー兵法書】 耐えられないほどの重圧を受けるプロ選手たちの様々な克服方法

【小宮良之の日本サッカー兵法書】 耐えられないほどの重圧を受けるプロ選手たちの様々な克服方法


 プロサッカー選手は、周りから強い重圧を受ける。その日々は、精神的にも大きな負荷となる。結果として、鬱に近い状態に陥ってしまうケースも珍しくない。
 
 例えば、スペイン代表として南アフリカ・ワールドカップでは栄光のメンバーのひとりとなった攻撃的MFヘスス・ナバス(セビージャ)は、若い時に鬱を患ったことを告白している。
 
 彼の場合、原因は強度のホームシックだった。移籍はもちろん、遠征さえも苦手とした。地元セビージャの外でプレーすることに対し、ひどい重圧を感じたのだという。
 
 しかし、歳を重ねることで、彼はそれを克服。アウェーでの試合を苦にしなくなったし、イングランド・プレミアリーグ(マンチェスター・シティ)へも移籍した。W杯戦士として、代表チームにも帯同している。
 
 鬱に対しては、絶対的なクスリも対処法もない。時間をかけ、当事者のペースで克服するしかない側面がある。なかなかひとりでは抜け出せないもので、周りの協力が不可欠になる。
 
<自信の喪失>
 
 これは、プロ選手としては重大な事態であり、こうなると十分に力が出せなくなってしまい。
 
 昨シーズンまでバルセロナに在籍していたポルトガル代表のアンドレ・ゴメスも、それに近い状態だったという。
 
「バルサ時代は難しかった。馴染むことができなくて。もちろん、良い瞬間はあったんだけど……」
 
 今シーズン、プレミアリーグのエバートンに新天地を求めたA・ゴメスは、当時の心情を明かしている。
 
「自分がうまくいかないことで、父や母が苦しそうにしているのを見るのが辛かった。ファンの期待に僕が応えられなかったわけだけど、実はそれだけでなく、自分自身の不甲斐なさにも苦しんで……。ときに、家から出たくないとも感じたよ」
 
 引きこもりに近いような精神状態で、どうにかトレーニングを続けた。しかし、いざ試合になると、本来のパフォーマンスを発揮できず、また批判にさらされることに……まさに、悪循環に陥っていたのである。
 EURO2016で、ポルトガル代表のA・ゴメスは欧州最高のMFのひとりに数えられた。そんな選手でも、精神的に追い込まれていた。持っているプレーを出せなくなったのである。
 
「今も、最高のプレーができている、とは言わないようにしている。なぜなら、そう言うことで自分に重圧をかけてしまうからね。フィジカル状態を向上させ、できる限りのプレーをする。それだけだよ」
 
 バルサ時代の辛苦は、トラウマになっているのだろう。
 
 結局、「鈍感力」のようなものが、重圧を避けられないプロサッカー選手にとっては、才能のひとつになる。
 
 例えば、ユベントスのFWクリスチアーノ・ロナウドは、批判されればされるほど、ゴールを撃ち込める。外圧に対して、心を奮い立たせ、いつも以上のプレーをやってのけてしまう。
 
「厳しい状況でこそ、クリスチアーノは力を発揮できる」
 
 昨シーズンまでレアル・マドリーを率いていたジネディーヌ・ジダンは、そう語っていた。事実、タイトルが懸かったような試合で、C・ロナウドは得点を叩き出している。少しも怯むことなく、むしろ楽しんでいるようだった。
 
 その強靱な精神力こそ、C・ロナウドが世界最高のストライカーである所以なのかもしれない。
 
文:小宮 良之
 
【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月には『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たした。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索