えっ、バルサが国王杯で失格処分? 「選手起用に違反があった」と対戦相手のレバンテから訴えられる

えっ、バルサが国王杯で失格処分? 「選手起用に違反があった」と対戦相手のレバンテから訴えられる


 バルセロナは1月17日、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)5回戦第2レグでレバンテを3-0と下し、2試合合計スコアを4-2として逆転で準々決勝進出を決めた。

 だが、レバンテのフランシスコ・カタラン会長は、この日の試合が行われる前から、スペイン・サッカー連盟(RFEF)に不服を申し立てると話していた。「バルサがプレー資格のない選手を起用した」というのが彼らの言い分だ。

 問題となったのは、バルサが1-2で敗れた10日の第1レグで、若手のチュミをスタメンに抜擢したことだ。スペイン紙『El Mundo』の報道として『ESPN』が伝えたところによると、バルサB所属のチュミはこの時、累積警告で出場停止中だったというのだ。

 カタラン会長は、「(第2レグの)試合結果にかかわらず、バルサが出場資格のないメンバーを起用した可能性について、レバンテはRFEFに報告する」と述べた。

 コパで出場資格のない選手を起用したケースといえば、2015年、前所属(ビジャレアル)時代の累積警告で出場停止中だったデニス・チェリシェフをプレーさせたレアル・マドリーが記憶に新しい。マドリーはこの大会を失格処分となっていた。
 
 だが『ESPN』によると、バルサ側は最近ルールが変わったことを指摘しているようだ。それは、「2試合までの出場停止なら、当該大会のみ処分が適用される」というもの。つまりチュミの場合、国内リーグでのみ適用され、コパは関係しないことになる。

 試合後、バルサのエルネスト・バルベルデ監督も、「我々はすべて正しくやった。18日の準々決勝の組み合わせ抽選には我々もいる」と、問題はないと強調している。

 バルベルデ監督は、「試合前も、試合中も、試合後も、まったく疑いはない。すべて適切だったと確信している」とコメント。チュミが出場停止なのは把握していたとしたうえで、「(ラ・リーガ次節の)エイバル戦では起用できないが、コパではプレーできると分かっていた」と一蹴した。

「我々は自分たちが正しく動いたと確信している。絶対にだ」

 3冠達成を目標に掲げるバルサだけに、失格となれば大ごとだが…。RFEFの裁定が待たれる。
 


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索