冨安健洋の代表初ゴールで日本が先制!ベスト8入りに一歩前進|アジア杯

冨安健洋の代表初ゴールで日本が先制!ベスト8入りに一歩前進|アジア杯


 アジアカップの決勝トーナメント1回戦、日本代表対サウジアラビア代表が1月21日、UAEのシャルジャ・スタジアムにおいて15時(日本時間20時)にキックオフされた。

 日本はグループリーグ最終戦のウズベキスタン戦から再び先発10名を変更。2トップには武藤嘉紀と南野拓実が名を連ね、ボランチに柴崎岳と遠藤航のコンビを起用した。

 序盤から日本はサウジアラビアに押し込まれる。12分にはアブドゥラジズ・アル・ビシに強烈なシュートを放たれたものの、吉田麻也が気合いの顔面ブロックを見せて事なきを得た。

 劣勢のなか、嫌なムードを断ち切ったのは20歳の冨安健洋だ。20分、左CKを得ると柴崎が右足でインスイングのボールを入れ、冨安が頭で合わせてネットを揺らした。

 チーム最年少の成長株が奪った代表初ゴールで日本は1点を先行し、試合は前半の終盤を迎えている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索