長友佑都は楽観ムードに警鐘。準々決勝のベトナム戦は「間違いなく苦戦する」|アジア杯

長友佑都は楽観ムードに警鐘。準々決勝のベトナム戦は「間違いなく苦戦する」|アジア杯


 決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアを1-0で下し、ベスト8に進出した日本は1月24日にベトナムと対戦する。
 
 FIFAランクは50位の日本に対し、ベトナムは100位。ただ周囲に漂う楽観ムードに長友佑都は警鐘を鳴らした。
 
「ベトナムのことを甘く見ている人がいるのかなと感じます。ベトナム戦がまだあるにも関わらず準決勝でイランと当たるとかそういう記事を見ました。そういうことを考えている選手はいないと思いますが、もし考えていたら足をすくわれると思います。明日は間違いなく苦戦しますよ。簡単には勝てない相手です」
 
 ベトナムの映像をチェックし、その走力には驚かされたという。
 
「彼らは永遠に走れるんじゃないかというくらいに走りますよ。(決勝トーナメント1回戦の)ヨルダン戦も観ましたが、ヨルダンの選手は身体が大きくてフィジカルも強いんですが、彼らは走りで圧倒していました」
 
 そこで指標になるのがグループリーグ初戦のトルクメニスタン戦だ。前半は相手の素早いプレスに苦しみ、カウンターから失点した日本は、後半はピッチを幅広く使い、ややアバウトなボールでも前線に入れる形で逆転勝利を収めた。
 
「試合で言えばトルクメニスタン戦のような、彼らは5枚のディフェンスで5-4-1みたいな形で守るので、スペースは全然ないと思うんですよ。日本が綺麗なサッカーをしようとしたら、潰されてショートカウンターを食らうはず。大胆に攻めたトルクメニスタン戦の後半のようにクロスを入れたり、放り込むところも必要だと思います。綺麗なサッカーだけでは勝てません。
 
 中は締めてくるので、サイドで連係してどうやって崩すかがかなり大きなポイントになりますね。そこから崩せないと攻撃に厚みが加わらないです。だから僕らサイドの選手がポイントになるはずです」
 
 長友が鍵としたサイド攻撃から日本はベトナムの守備を攻略できるのか。割り切った攻撃が必要になりそうだ。
 
 取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】準々決勝ベトナム戦へ向けて、前日練習を行う!柴崎岳が会見に登壇!


関連ニュースをもっと見る

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索