ベトナム戦でも悩まされる?アジア特有の“ジャッジ”に吉田麻也は独自の見解

ベトナム戦でも悩まされる?アジア特有の“ジャッジ”に吉田麻也は独自の見解


 UAEで開催されているアジアカップに参加している日本は、1月24日に準々決勝のベトナム戦を迎える。
 
 今大会はその準々決勝からVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー/得点に関わる重要なシーンの判定を助けるために該当シーンを審判がビデオで確認する制度)が導入されるが、吉田麻也は「ロシア(・ワールドカップ)でもやっていますし、ペナルティボックスではより繊細に守備をしなくてはいけないというのは変わりません」と語る。
 
 もっとも決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦では、今大会最多の27回のファウルを取られるなど審判の判定に惑わされたシーンもあり、「ただこの間の試合もそうですが、どこの場面でも繊細にやらなくちゃいけません。それがアジアのサッカーの課題なんだと思います。だから(VAR導入で判定が)より明確になって良いんじゃないでしょうか」と続けた。
 
 ヨーロッパでプレーする吉田にとってアジアのジャッジは異質なものに映るようだ。
 
「いつものインテンシティが、ここでは違うということを理解しなくてはいけません。ただ(サウジアラビア戦では)イライラせずに皆がアピールしながらもプレーを続けて最後まで戦い抜いたのは素晴らしかったと思います。次も体格的には僕らのほうが大きいので、笛を吹かれる回数は多くなると感じます。ただイライラせずに戦い抜きたいです」
 
 果たしてベトナム戦では、VARを含めたジャッジがゲームにどのように関係するのか。ひとつのポイントになりそうだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】準々決勝ベトナム戦へ向けて、前日練習を行う!柴崎岳が会見に登壇!
 


関連ニュースをもっと見る

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索