Jリーグ入りが噂されるロッベンが来季の去就を語る!「どこだってありうる」「体調がいいと感じる限り…」

Jリーグ入りが噂されるロッベンが来季の去就を語る!「どこだってありうる」「体調がいいと感じる限り…」


 オランダが生んだ世界屈指の韋駄天の去就が、注目され続けている。

 元オランダ代表MFのアリエン・ロッベンが、約10年に及ぶ蜜月を過ごしたバイエルンを退団すると発表されたのは、昨年12月のこと。2019年6月までとなっていた契約の延長交渉を打ち切る決断を下したのだ。

 2009年夏にレアル・マドリーから鳴り物入りで入団したロッベンは、ブンデスリーガ7度、DFBカップ4度、そしてチャンピオンズ・リーグとクラブワールドカップをそれぞれ1度ずつと、計13個のタイトルをバイエルンにもたらした。

 今シーズンは慢性的な痛みを抱えている膝の状態もあって、ベンチ外となることも少なくない35歳だが、出場した公式戦15試合で5得点・2アシストと、まだその技は健在である。

 新たな活躍の場を模索する覚悟を決めたからというもの、イングランドやドイツ、オランダをはじめとした西欧諸国、さらにサッカー新興国であるアメリカやアジアなど、様々な候補地が挙げられているが、その中にはJリーグも含まれ、話題にもなった。

 しかし、退団決定から約2か月の時が流れた現在も、欧州を飛び出すのかどうかも含め、来夏以降の去就はまったくの未定。そんな中、このたびロッベンが今の想いを、英紙『Guardian』のインタビューで告白した。

「ほぼ10年間も、この素晴らしいクラブにいたからね。退団の決断は簡単ではなかった。ただ、僕は現役生活というものを楽しみたいんだ。望むべきレベルのパフォーマンスが出せるくらいに体調がいいと感じる限り、プレーは続けていきたいね」

 この言葉からも分かるとおり、まず本人の選択肢に「引退」はなさそうである。では新天地として、具体的にはどこに候補を絞っているだろうか? ロッベンはこれについて、次のように説明している。

「自分が来シーズンどこにいるのか、僕自身も楽しみにしているんだよ。それがイングランドになるのか、あるいはスペインになるのか、その他かもしれない。一つ言えることは、どこでもあり得るということさ。もう少し待っていてくれ。様子を見ていこうじゃないか」

 昨年11月27日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ・グループステージ第5節のベンフィカ戦で2ゴールの活躍を見せたのを最後に、欠場が続いているロッベンだが、インタビューでは「僕はやり遂げる」と、復帰への意欲を示している。

「誰もが、自分の身体を大事にしなければならない。よく眠って、よく食べて、そしてしっかりとプレーする。それはごく自然なことさ。ただ今の僕には、それは厳しい仕事でもある。でも、必ずリターンできると思う。僕はやるよ。必ずね」

 いまだ衰えぬ切れ味鋭いドリブルをJリーグで見たいというファンは少なくないが、はたして“稀代のドリブラー”ロッベンは、いかなる最終決断を下すだろうか。


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索