「日本、韓国と渡り合うためには…」名将リッピが中国サッカーの現状とポテンシャルを赤裸々に独白!

「日本、韓国と渡り合うためには…」名将リッピが中国サッカーの現状とポテンシャルを赤裸々に独白!


 イタリア・サッカー界が誇る稀代の名将、マルチェロ・リッピが中国代表への熱い想いを語った。
 
 老舗男性誌『Esquire』のイタリア版に掲載されたのは、71歳になった指揮官によるモノローグ形式のインタビューだ。かつてユベントスを率いて数多のビッグタイトルを獲得し、イタリア代表監督としては2006年ドイツ・ワールドカップで世界一にも輝いた。2012年5月からは活躍の場を中国に移し、広州恒大でアジア・チャンピオンズリーグ制覇を経験。2016年10月には、圧倒的な支持を得て中国代表監督に就任した。今年1月、アジアカップ準々決勝でイランに敗れて一度は退任したが、後任で愛弟子のファビオ・カンナバーロのスピード更迭を受け、わずか4か月でポストに返り咲いたのだ。
 
 ただ、中国サッカーの現状について、リッピの意見はシビアである。
 
「いまだ中国では、フットボール文化が根付いていない。頑張って積み重ねているところなんだけどね。ここにやって来た当初は、本当に過酷なミッションだと感じたよ。ヨーロッパでは小さい頃からフットボールは身近にあり、夢中になってボールを蹴れる環境と文化がある。ところが中国では、まず子どもたちがフットボールをしていない。専門のスクールやユース育成のための施設など、まるで環境が整っていないからだ。必然的に選手たちは、年を取ってからプレーを始めることになる。小さい頃からフットボールをする文化が存在しないのだよ」

 
 リッピは発展のために不可欠なのは“国外”の力だと言い切る。
 
「そのような状況であるから、当然、能力の高い外国籍選手が1チームに3〜4人は必要になる。中国スーパーリーグの各クラブは資金が潤沢だ。だからいまは、有能な外国籍選手の獲得に莫大なカネをかけていて、まずはそれによってリーグ全体のレベルを上げ、代表チームの強化に繋げなければならない。でなければ、アジアで最先端を行く日本や韓国、イランといった強豪国とはとうてい渡り合えないだろう。だからこそ、わたしのような人間の力が必要とされているんだ。やりがいを感じているよ、ものすごくね」
 一方で、中国代表選手たちの変化にも驚かされているという。
 
 名将は「以前に比べて選手個々のプロ意識は間違いなく高まっているし、彼らは『勝てるチームとはどんなものか』を知りたいと思い、いまでは理解しはじめている。メンタル面の重要性をだ」と話し、「イタリアに戻っても監督はもうしないよ。ここでなすべきことをやって、また幕を閉じるまでさ」と自身の将来についても言及した。
 
 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選は、グループAの6チーム中5位と低迷したが、今年1月のアジアカップでは堂々ベスト8に食い込んで見せた。リッピ監督は「着実に力を付けている。さらに面白いチームになっていくだろう」と、明るい展望を描いている。
 
 はたして、カタール・ワールドカップ予選で森保ジャパンと対戦することはあるのか。名将がキャリアの集大成と位置付けて強化している中国代表は、さらに侮れない敵となっていきそうだ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索