【広島】敵も同情する“不安定なジャッジ”に城福監督は約10秒も言葉が出ず。振り絞った第一声は…

【広島】敵も同情する“不安定なジャッジ”に城福監督は約10秒も言葉が出ず。振り絞った第一声は…


[ACLラウンド16第2戦]広島3-2鹿島/6月25日/広域公園
 
 広島のホームで行われた第2戦は終盤、主審の笛をきっかけに荒れに荒れた。鹿島の遠藤康も試合後、「広島の気持ちも汲んで上に上がって優勝したい」と語る。
「試合が終わった後に広島の選手が審判の下へ行っていましたけど、ああいう気持ちは凄い分かるというか、不安定なジャッジもちょっとあったりしたなかで、凄い気持ちを出していた分、その気持ちを受け取って僕たちは上に上がりたいと思います」
 
 鹿島側もそう広島に対して同情を寄せる「不安定なジャッジ」のなかで、最も物議を醸したのが、2−1(2戦合計2−2)で迎えた82分のシーン。ペナルティエリア右から柏好文が倒れながらクロスを上げ、パトリックが押し込んでネットを揺らすも、ノーゴールの判定。得点につながったにもかかわらず、柏がシミュレーションとジャッジされたのだ。
 
 ゴールとなれば逆転ということもあり、当然、広島の選手、そして城福浩監督は猛抗議をしたが、判定は覆らなかった。
 試合後、城福監督は悔しそうな、そして憔悴しきった表情で現れ、会見でコメントをするのに約10秒もかかった。
 
「……。選手はよく頑張ってくれたと思います。持てる力を発揮してくれたと思います。うーん、冷静に受け入れるにはあまりにも厳しい試合だったなと。えー…、これを黙って受け入れなければいけないのもサッカーです。この悔しさを晴らすにはアジアの舞台でしか晴らせないですし、アジアのレベルを、サッカーもレフェリーも上げるのであれば、我々がその舞台に立たなければいけない。それを改めて感じたゲームでした。サポーターは最後まで後押ししてくれたので、次の試合でサポーターと一緒に喜びたいです」
 
 質疑応答では、「なかなか受け入れられない結果ですけど、あえて、次につながる、シーズンにつながるものが見えた気がしますが、そこはいかがでしょうか」という問いに、小さい声で「……(約13秒)……。頑張ります」と答えた。次の「先制点を奪われた直後に選手にはどんな指示を出しましたか?」という質問には「自分たちのサッカーを続けること、自分たちを信じること、それだけでした」と言葉を絞り出した。
 
 敵も同情し、城福監督も当然ながら納得のいかない表情を浮かべた審判のジャッジだったが、現場で戦うチームは指揮官の言葉通り「次の試合でサポーターと一緒に喜びたいです」と前を向くしかないだろう。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL PHOTO】広島 3-2 鹿島|広島が逆転勝利するも、アウェーゴールの差で鹿島が2年連続ACL8強入り!


関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索